デスストランディングは予約しないことにした

小島秀夫さんのデスストランディングは楽しみにしてたんですが、TGSの小島監督の解説動画を見てちょっとやる気なくなりました。なぜなら、自分の苦手な要素満載だからです。

どういう設定なのか分かりませんが(マルチバース?)、自分が世界に置いたものが他のプレイヤーが使えるとか、多くの人が歩くと獣道ができていくとか、どんどん世界が変わっていくシステムは面白そうです。あと、温泉に入るとノーマン・リーダスがババンババンバンバンを歌うとか。

ただ、主人公のサムが運ぶ荷物に重さ、重心、体積などのパラメーターがあったり、落としたり雨に濡れたりすると劣化したりします。荷物を運ぶのに歩くわけですが、靴も損傷して足が血まみれになったりします。そのため、色々と「管理する」要素が多いです。

僕はこのゲーム内で「管理する」ということがストレスで、そういうゲームってすぐやるのやめてしまうのです。特にアイテムが劣化するというのがものすごく嫌です。レッドデッドリデンプション2なんかも、狩った動物の肉が時間経過で劣化したりするので、やるのが嫌になってしまいました。

現実でお金、食料、栄養素、投資のポジションとか管理することがたくさんあり、そういうのは現実で十分で、ゲーム内くらい燃料やアイテム所持数とか非現実的にしてほしいと思っています。現実で管理するのは嫌いじゃないというか、むしろ好きなんですが、ゲーム内でそういうことをやるのが嫌なのです。

だから、デスストランディングは買ってもストレスが溜まりそうなので、見送ることにします。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク