ライフイズストレンジ2エピソード1の感想

『ライフイズストレンジ1』は昔『伊集院光の深夜の馬鹿力』で伊集院さんが話してて面白そうだったので、PS4の本体を買った時に一緒に購入しました。でも、途中で止まってます。ストーリーは面白いんですが、三人称視点のアドベンチャーゲームって動きが遅くてなんか途中で止めてしまいます。

そして、『ライフイズストレンジ2』のエピソード1がブラックフライデーセールで2ドルだったので購入してやってみました。※今後発売される日本版の『ライフイズストレンジ2』はエピソードごとの販売ではなく、全エピソード揃ったものになります。

ライフイズストレンジ2はライフイズストレンジ1とは直接関係ないストーリーの様ですが、ライフイズストレンジ1で選択したことがライフイズストレンジ2に反映されるとスタート直後の画面に出ました。ライフイズストレンジ1のセーブデータが無い場合には、ランダムにライフイズストレンジ1の要素が反映されるとのこと。

ライフイズストレンジ2の感想

物にインタラクトとしてストーリーを進めるアドベンチャーゲーム

ライフイズストレンジ2は基本的に歩き回って、色々な物にインタラクトしてストーリーを進めていきます。1よりも背景や小物が立体的になってグラフィックが進化していると思いました。R2を押しながら動くと、ちょっと小走りになります。でも、そんなに変わらない。もうちょっとキビキビ動いてくれたらいいのにな~と思います。

飲み会に対してショーンと全く同意見

全くあらすじを見ずにスタートしました。最初の選択肢がいきなりマリファナを吸うか吸わないか?というもので、最初タバコだと思ったらマリファナ(weed)って言ってて、日本で発売できるのか心配になりました。

パーティーに行くのかと思いきや、主人公の弟と隣人をめぐる事件が起こります。弟にテレキネシスの能力が発現してしまったようです。そして、家から出てきたお父さんが武器も持ってないのに警官に射殺されます。「えっ?なんで?」って思うのですが、これは後で気づきましたが人種差別が関連しているようです。

ライフイズストレンジ2と人種差別問題

ショーン

舞台はワシントン州、主人公の「ショーン」は高校生。黒髪の白人っぽい感じで特に気にしてなかったのですが、メキシコからの移民の家系ということ(いわゆるヒスパニック)で、ワシントン州で多数を占める白人から差別的な扱いを受けるシーンがいくつか出てきます。

手前がダニエル

たとえば、弟の「ダニエル」と一緒にたどり着いたガソリンスタンドでカリフォルニアから来た家族に話しかけると、特にその家族の父親がすごい胡散臭い物を見る感じで接してくるんです。最初は、兄弟二人で野宿してて汚れているからそんな感じなのかと思ってましたが、どうも人種も関係しているようです。

その後のイベントで「redneck」「hillbilly」「ICE」という単語が出てきたので、人種差別が関係しているのだと確信しました。redneckは山岳地帯や農村部に住む保守的なアメリカ白人、hillbillyは更に貧乏で田舎者みたいな侮蔑が入っているような感じです。ICEは「米移民関税捜査局」です。

ちょっと日本人には分かりづらい背景があります。

あらすじを全く見ずにやっていたので、てっきり弟と野宿をするゲームなのかと思ってお店で寝袋を買ったりしてましたが、結局エピソード1では使いませんでした。まだ持ち物として持っているので、エピソード2以降で使う機会があるのかもしれませんが。

持ち物も一つ一つ確認できる

「物を盗む」という選択肢がよく出てくるので迷います。ゲームの中だから盗んでも問題無いのですが、弟の教育の手前盗まない方が良いわけです。父親を失った弟の成長のために、自分が親代わりなわけですし。

最初は高校生の日常からスタートするので、あまりストーリーに引き込まれませんでしたが、ガソリンスタンドに着いた辺りから段々引き込まれて行きました。

選択肢とそれを選んだプレイヤーの割合

エピソード1をクリアすると、他プレイヤーの何%がその選択をしたか見ることができます。意外とみんな盗まないですね。やっぱりライラには電話したいよねという。

ライフイズストレンジ2は英語のリスニング教材としても良い

出てくる英単語は易しめだと思います。

字幕は大きめに変更できるし、何か物にインタラクトすると主人公がいちいち独り言を言うので英語のリスニング教材としても良いと思います。序盤に出てくる主人公のBFF(Best Friend Forever)であるライラは若者言葉が多くてちょっと何言ってるか分からないことがありますが、全体的な英語は易しめです。弟との会話が多いですからね。

エピソード2単品だと8ドルくらい、エピソード2~5バンドルが30ドルくらいです。まだエピソード1だけなのですが、今後面白そうな予感はします。ライフイズストレンジ2の日本版は多分、英語音声日本語字幕が可能になるはずです。まだ発売されていないので分かりませんが。

その前にライフイズストレンジ1をクリアしておいた方が良いかもと思って、iPad版のライフイズストレンジ1のエピソード1無料版(シーズンパス1000円)があったので、ダウンロードしてやってます。iPad版は言語設定をEnglishにすると、会話も全部英語にすることができました。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク