ディビジョン2 TU8で色々変わったこと

ウォーロードオブニューヨークという大型DLCが来たそうで、アルティメットエディションを含めてシーズンパスを購入していた人も、更に4000円程度支払わないといけないようです。そして、TU8という大規模なアップデートが適用されていました。

ウォーロードオブニューヨークを購入しなくても、TU8は適用されます。TU8以前はマニング国立動物園とかケンリー大学の一部まではちょっとやってて、久しぶりにディビジョン2をインストールしてやってみたら、なんかやらたら敵が硬い!というか自分が弱い。

コニーアイランドの遊園地

久しぶりにログインしたら、「ファイヤーウォール」と「テクニシャン」というクラスが追加されていました。

そして、ギアのタレントとか特性なんかが色々と変わっていて、そもそも「スキルパワー」「エリートダメージ」の概念が無くなってました。だから、昔作ったビルドが全然役に立ちません。ギアスコアも515が上限になったようです。

サブミッションのペンタゴン内部のDARPAとか、難易度「ストーリー」なのにやたら難しい気がします。特にDARPAのラスボスの迫撃砲を撃ってくるスナイパーのボスなんか、遠すぎて倒しにくいことこの上ないです。

ケンリー大学の調査は野良の4人パーティーでやってみたんですが、難易度「ストーリー」なのにサーバーを守るという防衛ミッションでけっこうみんなダウンしまくりでした。急にハンマー持ったやつが出てくるんで、あれは知らないとやられますね。

ハンマーが出る場所では、スキルはライオットフォームがおすすめです。回復はケミランチャーが弱体化されてた(全然回復しない)ので、フィクサードローンが良かったです。

スキルパワーの概念が無くなった代わりに、「スキルレベル」というものができてました。「スキルレベル+1」と書いてある防具を着けるとスキルレベルが上がって、スキルダメージや範囲や弾数が増えるしくみです。

スキルレベル2以上にしておけば、フィクサードローンのクールダウンも20秒程度だし、長時間使えるのでなかなか優秀です。

ジャマーパルス優秀

あと、意外と使えたスキルが「ジャマーパルス」です。ジャマーパルスは敵のドローンを瞬殺、UGV(犬とかタンク)のHPを削って一時停止させる、自動タレットを一時停止、ブラックタスク以外の雑魚敵も一時ひるませる、など色々と役に立ちます。

DARPAミッションで「バイオリアクターを確保する」という所では、敵ドローンが複数一定時間経つと出てきます。これが鬱陶しいのですが、引きつけてからジャマーパルスを使えば一発で全滅させられます。

特にブラックタスク戦ではジャマーパルスは良いですよ。

ディビジョン2のTU8はゲームリセットっていう感じですね。みんなダウンしまくって、やっとクリアできるという達成感が得られる、初期のディビジョンが帰ってきました。今までの装備厳選の努力が水の泡なのですが、僕はけっこう好きです。

咳エチケットと手洗い推奨のポスター(ドルインフル対策)

そんなわけで、ケンリー大学とペンタゴンとコニーアイランドをクリアしたので、ウォーロードオブニューヨークを買ってしまいました。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク