DARPAの研究所 難易度ヒロイックタイムアタック攻略のポイント

DARPAの研究所 難易度ヒロイックタイムアタック攻略のポイント

ディビジョン2のミッションの中でも高難易度ランキング3位くらいには入るんじゃないかと思うのが、「DARPAの研究所」の難易度「ヒロイック」です。DARPAは難易度チャレンジでも苦戦するため、ヒロイックだと更に難しく、野良のマッチングだとかなり運ゲーです。

ずっとDARPAの研究所でタイムアタック(TA)をしていたのですが、野良4人で28分くらいが限界でした。そもそもクリアすること自体が難しいです。特にマッチングで赤盛り(攻撃力特化)の人ばかりだとクリアすることすらできないことが多いです。

4人だと敵の数が多く硬いので、ボイスチャットしながら2人でとかなら20分台前半くらいで行けるかもしれません。あと、DARPAはDCのマップと別なのでマッチングがおかしい時があって、招待したメンバーがDARPAにファストトラベルできない場合(DARPAにファストトラベルしようとしてもできない)があり、やむをえず除外することになってしまいます。除外されてもマッチングの不具合の可能性が高いです。

まず言いたいのは

DARPAの研究所はスキルにジャマーパルス必須

4人パーティーで自分以外にジャマーパルスを装備していない人がいると、かなり不安です。2人以上ジャマーパルスを装備していると、交互にジャマーパルスを撃ってロボ系の犬をずっと座らせておくことができます。特に「試験場」のところ。しかもジャマーパルスは犬のHPを削ることもできるので、3人ジャマーパルス使ってもいいんじゃないでしょうか。

DARPAでの大体の死因は、犬やスナイパーの一撃、自爆ドローンの爆発、でかい敵のガトリングガンなので、とにかくジャマーパルスで犬を黙らせることが重要です。あんまり回復系のスキルはいらないような気がします。

途中のガトリングを持ったやつが5~6体出てくる所は、ジャマーパルスからブラインダーファイヤーフライに変えます。一応、ステータス効果とスキルヘイストはかなり盛ってあり、ジャマーパルスのクールダウンは15秒程度にしておきました。

ジャマーパルスを使わないならせめてテクニシャンのEMPグレネードを使う

テクニシャンに固有のグレネードの「EMPグレネード」は犬や敵のスキルプロキシ(タレットなど)を停止させることができるので、かなり有効です。犬は動き回るので、ジャマーパルスで一度座らせて、効果が切れる数秒前にEMPグレネードを投げれば、ずっと座らせておけます。

犬が停止状態の時にEMPグレネードが爆発してしまうと、停止させることができないので、停止状態が切れた後にEMPグレネードが爆発するように投げないといけません。DARPAや「座礁したタンカー」などの高難易度ミッションでは、EMPグレネードがかなり使えるので、どんどん使ってください。クリーナーズのタレットや爆撃ドローンもEMPグレネードで停止させられます。

ラスト手前のステージでショック弾を取っておく

一番難しいのがラストステージですよね。迫撃砲が降ってくる中、左右から来るエリートを排除しないといけない。ここで重要なのがラストステージの一個前のところで「ショック弾」を取るということです。

ラストステージの一歩手前のステージは入り口が2階にありますよね。入り口からすぐ1階に降りる階段があり、降りた所の右側に「ショック弾」があります。これをスイートドリームに装填しておいて、赤や紫の敵はスイートドリームで殴り、エリートはショック弾で動きを止めてます。

ダウンしてしまうと、蘇生時に迫撃砲でやられるというパターンが多いので、ラストステージは赤盛りの人はグラスキャノンじゃなくて、アンブレイカブルとかにした方が良いんじゃないでしょうか。

あとリバイバーハイブを装備しているなら、蘇生は手動じゃなくてハイブを使った方が良いです。ハイブって回収すれば数回使えるんですね。てっきり一回使ったらクールダウンになるのかと思ったら5回くらい使えるの最近知って驚愕しています。ハイブの近くに立つと「回収」という文字が出るので、L1かR1の長押しで回収できます。ただ、長押ししすぎると破棄してしまうのが困りものです。

まとめ

エージェント、ジャマーパルスをもっと使ってください。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク