PS4のコントローラーの左スティックと右スティックすぐ壊れる問題

PS4のコントローラー壊れる

出かけるのはスーパーとドラッグストアぐらいなので、ゲームをやる時間が増えてるんですが、amazonでもコントローラーが品切れだったりするので「PS4のコントローラー壊れる問題」が全国で多発しているのではないでしょうか?

PS4のコントローラー、本体に付いてきたやつは4年くらい使っていても問題無かったんですが、ついに2020年1月で壊れてしまいました。右スティックが勝手に動いて、視点が回るので酔ってしまいました。

PS4のコントローラーのスティック壊れがち

そこで、純正コントローラーを買ったのが3ヶ月くらい前でした。PS4の純正コントローラーって7000円くらいして、けっこう高いんです。それがまた壊れて、左スティックが微妙に動いていて、更に右スティックも動くという状態に。

RPGとかなら問題無いんですが、TPSやFPSなどのエイムが必要なゲームだとコントローラーの不具合は致命的です。

ホリのワイヤードコントローラーライトを購入した

そこで、ちょっと安いホリのワイヤードコントローラーライトというのを買ってみました。安いのは良いのですが、子供用っぽくて小さいです。慣れるまではちょっと大変です。右スティックと左スティックを同時に動かすと親指同士がぶつかるため、手が大きい人には向かないと思います。

あと、スティックがプラスチックでできているので、最初は親指が痛かったです。純正コントローラーはゴムっぽい素材です。慣れれば大丈夫でした。

これも2ヶ月で壊れてしまいました。

もう、コントローラーは消耗品だと思って買い換えるしかないのかもしれません。

今度はホリのワイヤードコントローラーの大きい方を買おうと思います。一応、純正コントローラーも1個予備として買ってあるんですが、また壊れるかもしれないから取っておきます。

PS4純正コントローラーの大きなメリット

他社製品を使ってみて、純正コントローラーの良さも分かりました。

純正コントローラーのメリットって、コントローラーにイヤフォンジャックがあることだと思っています。他社のワイヤードコントローラーの場合、テレビに直接イヤフォンやヘッドフォンを繋がないといけなくて、これがけっこう面倒臭いし、ケーブルの長さの問題もあります。

あと、ワイヤードコントローラーの場合、起動時にPSボタンを押しても本体の起動はできません。純正コントローラーだとPSボタンを押せば本体を起動できるので意外と便利です。当初、ちょっと触っただけでピッって音がなって本体が起動してしまうので、この機能ありがた迷惑かもしれないと思っていましたが、ワイヤードコントローラーを使ってみると、純正コントローラーは便利です。ただ、高いのが難点なんです。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク