貯金を増やしたいなら旅行直後に注意!

僕が貯金を増やすためにお金を使う上で注意しているのが、何か大きな買い物をした後のお金の使い方です。特に、旅行に行った後は注意が必要です。

旅行に行くと必然的に全て外食になりますし、せっかく観光地に行ったのだからということで1食1000円以上使うのも普通です。

それに慣れてしまうと、家に戻ってきた時に自炊するにしても、普段よりもお金を使いやすくなってしまいます。観光地のランチ代に比べたら、スーパーでちょっと高い有機栽培された小麦のパスタ(500円)も安いなとか思ってしまいます。滅多に行かないですが、特に海外旅行に行った後は特に金銭感覚が狂いやすいです。

だから、旅行から帰ってきた日の家での1食目は100円以下のカップラーメンのみにしています。これは、金銭感覚のリセットの儀式のようなものです。外食の1000円から100円に基準を移すことができます。

もっと注意が必要なのは家を買った直後です。知人が家を5000万円で買った後、車やらエアコンや大きな買い物を沢山していました。普段だったら5万円と6万円のエアコンでも迷うのに、家を買った直後だとエアコン代が些細な買い物に思えて10万円以上のエアコンを複数買っていました。ローンで買っていたとしても5000万円という金額が基準となってしまって、その他は「端数」みたいに思えてしまうようです。

これは、行動経済学で「アンカリング」と呼ばれるもので、直前の大きな買い物の金額(=アンカー)によって金銭感覚が引っ張られて狂ってしまうわけです。僕は家や車は必要無いと思っているので今後も買うつもりは全くないのですが、この金銭感覚が狂うというのも持ち家のデメリットの一つと言えるでしょう。家を買ったら自分好みの家具や家電を揃えたいと思って、賃貸の時よりもお金をかけてしまいがちですから。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク