料理をする男の方がお金が貯まらない説

女子SPAというサイトの記事にあったのですが、1000万人以上のアンケート調査から得たデータでは一般的な傾向としては「料理をする男の方がお金が貯まりにくい」のだそうです。

僕は最近はほとんど外食せず、ほぼ全部自炊なので個人的な経験では明らかに自炊した方がお金が貯まります。栄養バランスを考えると、材料費200円から300円で外食の800円から1000円に匹敵する食事ができます。野菜とタンパク質の量を考えると、自炊の方が断然節約になります。

ではなぜ上のようなアンケート結果になるのかというと、女の方がお金を節約して効率的に料理を作るのに対し、男は自分が食べたい物を作るために高い食材を非効率的に購入する傾向にあるからということみたいですね。

男が料理するとなると、『美味しんぼ』を読んでカレーの作り方に物凄いこだわったり、高い材料で出汁を取って究極のラーメンを作る!みたいな方向に行ってしまう人が多いのではないかと。だから、1週間栄養バランスを考えて毎日2食を週2回の買い物で済ませるとかは苦手なんでしょう。

お金を貯めるのであれば、明らかに自炊、会社へは弁当を持っていった方が良いです。でも、中途半端に自炊すると、せっかく買った卵1パックなのに2個しか使わずに賞味期限が切れてしまうなんてことになってしまいます。人には向き不向きがありますから、自炊を楽しめる人は自炊した方がお金も貯まるし健康にも良いし一石二鳥です。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク