ゴールデンウィークこそ出かけないで読書とゲーム

世間一般の人が出かける時に出かけるとお金が減りやすいので、ゴールデンウィークは出かけないに限ります。市場原理で、需要が高まる時は価格が上がる、もしくはそれを見越して値段が強気に設定されますから、消費者としては良いことがありません。交通機関も混んでますし。

日本のPSストアでゴールデンウィークセールをやってますし(ボーダーランズダブルデラックスコレクションが1000円台とか)、kindleストアでは文藝春秋の本がポイント50%バックセールになるGW文春祭りをやっているので、読みたかった本を買いました。


なぜかアメリカのPSストアで「Golden Week Sale」というものをやっています。「ゴールデンウィーク」は和製英語なのに敢えて使うんですね。セールになっている商品もFFやドラクエや無双シリーズなど、日本の物ばかりです。「Late Shift」っていう選択肢を選べる映画もセールになっていたので、買おうか迷ってます。

Kindleで『時限紙幣』と『テミスの剣』というミステリー小説を買いました。50%のポイントバックということは実質半額ですから、こういう時に読みたかった本を買うのが良いです。読みたかった『コンビニ人間』もポイント50%対象になってますが、もうちょっとしたら文庫になりそうなのでまだ買わないかな。文春祭りは5月4日までです。文春祭りの詳細はこちら

テレビでは銭形金太郎復活スペシャルを見ました。銭金は好きだったのでレギュラー復活してほしいです。一番面白かったのは、部屋の物をほぼ全てジモティーで揃えている人でした。工場勤務で月収12万円、ムーンウォーク世界大会(おもしろ部門)で1位になったことがあるダンスをやっている37歳男性。横浜で家賃4.9万円でそんなに貧乏そうじゃないのですが、牛脂だけ焼いて食べてるとか。一度熱で解けた牛脂を固めてきな粉をまぶして食べているようです。

このダンサーはネット広告で見たパチンコ必勝法からパチンコのサクラ詐欺というものにあい、50万円を消費者金融で借りて払ってしまった。更に、知り合いのおばちゃんにクレジットカードでキャッシングして返せば消費者金融よりも利息が安くなると言われ、そのおばちゃんにクレジットカードを作って預けたら使い込まれてしまったとこのことです。それで毎月5000円ずつ借金の返済をしていると。心理学の教授には「脆弱性の無知による非現実的な楽観主義者」と言われていました。純粋なんですね。でも、人生が楽しそうで何よりです。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク