節約は無意味か?節約が辛くない人もいる

節約は無意味か?

自己啓発書などによく書いてあるのは、「節約して貯金するくらいなら自己投資をしろ」ということです。そういう人は、大体「自炊するのに時間をかけるくらいなら外食しろ」と言います。言いたいことは分かりますし、物凄く忙しい人はそうした方が良いでしょう。

自己啓発書を出す人は、大体セミナーやサロン、ノウハウ販売のビジネスをやっているので、自己投資を推奨するのは当然で、節約してもらっては困るというのもあると思います

でも、節約自体がエンターテインメントとなっている人ってけっこう多いと思うんですよね。一種の趣味みたいな物です。どのスーパーのどんな商品が安いかというのは、色々とまわってみると分かります。野菜はここ、肉はここ、納豆ともやしはここ、とかスーパーによって安い商品に偏りがあります。

うちの近所にはスーパーが5軒くらいあるので、買う物によって使い分けています。スーパーに行って帰ってくれるだけで3000歩くらい歩いているので、ちょっとした運動にもなります。

たとえば、スーパーのライフだとプライベートブランドのもやしが22円、納豆が54円くらいです。これだけでもだいぶ安いのですが、さらに会計時にラクカとクレジットカードを組み合わせることによってポイント2重取りができます。あと、デンタルケア用品やヘアケア用品が2割引きの日とかがあるので、そういう時にまとめ買いしておくとお得です。2%のポイントをもらうよりも、2割引きの方が強力ですからね。

5000円や10000円で外食すれば、美味しいのは当たり前なので、あまり嬉しくありません。それよりも、自分で工夫して栄養バランスも考えて美味しい物が200円で作れた!という方が満足度が高いです。1万円くらいのチャーハンとか食べたことありますが、それなりに美味しくはありましたが全然満足度は高くありませんでした。高いものを追求していくと際限がありませんし。それだったら安くて質の良い物を追求する節約の方を選びます。

世の中にはこういう節約を考えて実行することそれ自体が楽しいという人もいるでしょう。でも、一般的にそういうことを言うと「ケチ臭い」「貧乏臭い」とか言われてしまいます。知人と話していて、外食にはお金をかけて500円程度の差は全く気にしないのに、Netflixに入るのに半年以上迷っている人がいます。しかも、Netflixはその人の仕事に関連しているサービスです。どういう金銭感覚なんだよと思ってしまいます。

さすがにブレイカーを落としたり、全部のコンセントを抜いたりとか、そういうエクストリーム節約はやったことがありませんが、そういう行為が楽しいという人もいるんでしょう。

節約を楽しめる人は、後で資産が増えてきて配当や株主優待などのインカムゲインが増えてからちょっとした贅沢でもすれば良いと思います。まあ、節約を楽しめる人は、お金が増えてもライフスタイルはほとんど変わらないでしょうけど。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク