ビニール傘を買わずに高い傘を買ったほうが節約になる…はず

梅雨ですがビニール傘って今までの人生で1回しか買ったことがありません。コンビニの傘に500円くらい支払うのが嫌なので、天気予報はしっかり確認し、曇だったら念のため折り畳み傘を持ち歩くということをずっとしてました。同じような行動を取っている人は、周りには薄毛を気にしている人が一人いるだけでした。

コンビニの傘って値段を上げても雨が降れば需要が高まるので、デフレ下においても300円から500円まで徐々に値上がりしてきたようです。ただ、500円を超えると売れなくなるらしく、500円が限界のようですね。

傘はなるべく5000円くらいの物を買うようにしています。なぜなら、傘って外出時にお店の中に忘れやすいからです。500円の傘だと、なくしてもまあいいかと思えてしまうので、ちょっと痛い5000円くらいの傘が緊張感があって丁度よいのです。

それに、さすがに5000円くらいの傘だと5年以上は使えますし、ビニール傘を年に3回買うよりもお得です。なくさなければですが。幸い、今まで一度も傘を置き忘れたことがありません。ただ、1回だけデパ地下で購入した半額になっていた焼き鳥パックを電車の網棚に置き忘れてしまいました。あれは悔しかったです。

傘の置き忘れ防止グッズというのもあるんですけど、2000円から5000円くらいするのでちょっと高すぎるかなと。置き忘れ防止グッズが傘と同じ値段だとすると、傘を一回置き忘れられる(=残りライフが1)ということになります。

傘はなるべく椅子にかけたりせず、バッグにかけるようにして、絶対に気づくようにしています。

ビニール傘って1回しか使ったことがありませんが、傘によって視界が妨げられないのが良いですね。そこはビニール傘の良いところだと思います。ただ、ビニール傘をすぐ買っちゃう人は、他の面でもお金を浪費しやすくなってしまうはずです。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク