電力小売自由化で東京ガスに変える?

電力小売り自由化

電力小売り自由化でなんとなく電気代が安くなりそうな感じの東京ガスのCMはよく目にしますが、実際にどんなプランがあるのかとかは、あのテレビCMからは全く分かりませんよね。

そもそも電力の小売が自由化されるってどういうことなのか?小売業者がそれぞれ発電所を持つのか?と思ってしまいましたが、発電所や送電網は今のままで、販売窓口が増えるということみたいです。ネット接続にたとえると、同じフレッツ光を使うにしても、OCNとかsonetとかプロバイダーによって料金や貯まるポイントが若干異なるみたいな感じですね。だから、東京電力以外から電気を買うから停電しやすいとか、電力の供給が不安定になるとかそういったことは一切無いです。

気になる電気料金ですが、東京ガスのガスと電気のセットで、基本料金が月額250円安くなるようです。250円だとドトールのコーヒー1杯分くらいですから、そんなに変わらないじゃないかと思う人の方が多いと思います。これを年額にすると、250 x 12 で3000円ほど安くなります。東京ガスのモデルケースだと4000円ほど安くなるようですが、これだと面倒だから東京電力のままにするっていう人が圧倒的に多いでしょうね。年額3000円でも、10年で3万円ですから長期的なことを考える人は手間をかけても東京ガスにするでしょう。恐らく全体の3%くらい。

気になるのはauでんきです。auユーザーとしては、東京ガスよりもお得なセットを用意してもらいたいですね。まだ詳しい内容は発表されていないので分かりませんが、携帯料金とのセット割りに期待しています。

知っておくとメリット絶大電力・ガス自由化の話
知っておくとメリット絶大電力・ガス自由化の話

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク