期間限定楽天ポイントのおすすめの使い道!楽天モバイルの支払いに使える

楽天モバイルで楽天ポイント支払いができる

auから楽天モバイルに乗り換えた理由として、料金が安くなるというのもありますが、期間限定の楽天ポイントを楽天モバイルの支払いに使えるというものがあります。

期間限定の楽天ポイントの使い道に困っている人が多い

楽天市場のSPUでポイント5倍とかになっても、もらえるのが「期間限定ポイント」なんですよね。でも、期間限定楽天ポイントは期間固定Tポイントよりも使い道が多くあります。たとえば、楽天ポイントアプリのバーコードでマクドナルドの支払いに使ったり、楽天ペイにポイント使用で設定しておいてローソンで使ったりできます。

期間限定ポイントの使い道に困って、無理やり何か買っているという人におすすめなのが格安SIMの楽天モバイルへの乗り換えです。

期間限定ポイントは楽天モバイルの支払いに使える

期間限定ポイントの使い道に困っている人にはかなりおすすめの使い道です。楽天モバイルのスーパーホーダイ(プランS)の1年目だと2018年6月現在、楽天会員割引で1000円引き、ダイヤモンド会員割引で500円引きなので、月額約1500円になります。

これに期間限定ポイントを使用して楽天モバイルの支払いに当てれば、携帯料金の実質ゼロ円運用も全く夢ではありません。※通常ポイントも楽天モバイルの支払いにあてれば、携帯料金の支払いをゼロ円にする難易度はだいぶ下がりますが、僕の場合には下に書くように通常ポイントは楽天証券での投信の購入に使いたいのです。

期間限定楽天ポイント支払いのデメリットや注意点

ただ、楽天モバイルでポイントで料金の支払いは、スポットで期間限定ポイントを使うということができません。楽天モバイルの毎月の支払いに●●円ポイントから支払うというように設定できるだけなのです。「期間限定ポイントがある時だけ使う」とかそういう細かい設定ができません。だから、自分でいつまでの期限の期間限定ポイントがあるかチェックしないといけません。簡単に変更できるので、自分の楽天ポイント残高と有効期限を確認しつつ、変更していきましょう

楽天モバイルによると

※一度に利用できるポイント数は1~30,000ポイントです。
※期間限定ポイントをご利用の場合、ご利用料金確定時(毎月4日~10日の間となり、月によって変動します)に有効期限を過ぎているポイントは失効となり、ご利用いただけません。

となっています。つまり、毎月4日~10日の間に有効な期間限定ポイントが無いといけないということです。

楽天モバイルからのポイント払いの設定方法


楽天モバイルアプリの左上のメニューをタップします。


「登録情報の確認・変更」をタップします。


「楽天スーパーポイント支払い」をタップします。


楽天ポイントでの支払いの上限を決めます。また、「全ての楽天ポイントを使用する」や、「ポイントを使用しない」にも変更可能です。PCやスマホからの変更は楽天モバイルの「メンバーステーション(マイページ)」からも可能ですが、アプリから行った方が楽だと思います。

個人事業主は楽天ポイント支払いを使わない方が良い場合も

自営業やフリーランスで個人事業主の場合には、通信費を按分して事業分を経費にしている人も多いでしょう。その場合には、楽天ポイントを楽天モバイルの支払いに使用せず、楽天モバイルの支払いを経費とした方が良い場合もあります。そういう場合には、経費にできない食料品を期間限定ポイントで楽天市場で買った方が良いでしょう。その辺は人によって違うので課税所得や税金などを色々と考慮する必要があります。サラリーマンや公務員の場合にはそういうことを考えずに済みます。

通常ポイントは投信の購入、期間限定ポイントは楽天モバイルの支払い

僕は通常ポイントは、楽天証券でインデックス投信の購入をしています。期間限定ポイントを無理やり使おうとすると、必要のない物を買ってしまうということになってしまいがちです。楽天の株主としてはみんなが無駄遣いしてくれた方が良いのですが、個人的な行動としては無駄遣いせずに楽天モバイルの支払いに当てるのがベストだと思います。

通常ポイントは投信の購入、期間限定ポイントは楽天モバイルの支払い、というようにすると節約しつつ投資ができるという理想的な環境になります。僕はAmazonではkindle用の電子書籍を買いまくってますが、日用品や食料品などは楽天市場で買ってます。そうすると、自然とポイントがどんどん貯まっていきます。

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク