2017年12月末大納会後のリスク資産状況

リスク資産2017年12月

2017年12月29日は日本の株式市場が大納会で、今年の取引は終了です。前回からの変化といえば、携帯キャリア参入のニュースで急落した楽天を100株購入しました。アメリカ株のPG&Eが無配を発表して急落し、含み益から含み損となってしまいました。エイチームの決算発表で大幅高になったものの、その後は続落し続けてまた2000円台に。でも、全体的な含み益は11月から5万円ほど増えています。

あとは、サクソバンク証券での銀オプション投資を開始。毎年12月は金と銀は売られる傾向にあるので、12月になってからプットオプションを売ったら、そこからさらに下落しました。金価格と銀価格は12月末にかけて持ち直しています。でも、オプションの満期まであと5ヶ月弱あるので短期の値動きはあまり気にしなくても良いです。

11月から始めたワンタップバイは5万円入金で、購入金額が35000円くらいです。日米の相場があまり動いていないのでまだプラス数十円という状態です。

予備資金から10万円をビットフライヤーに回して、早速含み損です。投機なので、適当にやってます。

iDeCoとFXはほとんど変化無しですね。今年はドル円がほとんど動きませんでした。2018年はレバレッジ規制でFXのレバレッジが10倍になる可能性が高く、FXから仮想通貨への資金移動が起こるのではないでしょうか。結局7の付く年だった2017年に大暴落は来ませんでした。みんながそうなると思うとならないんですね。ということは、まだビットコインバブルも崩壊しないのかもしれません。



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク