2018年1月末のリスク資産運用状況

1月は月末までは順調に右肩上がりでしたが、30日あたりから日本株やアメリカ株が急落し、5%程度日本株の含み益が減ってしまいました。アメリカ株はPG&Eの大幅下落からリバウンドが無く含み損です。ワンタップバイのアメリカ株はまだプラスです。

予備資金は元々FXのレバレッジ規制後にFXの証拠金として入れようと思っていましたが、ポジションサイズを減らすことによって、追加資金の必要を無くしました。そのため、仮想通貨などにその分回しました。

仮想通貨に関しても、コインチェック事件、テザー社のUSDT疑惑により、ビットコインやその他のアルトコインも暴落しています。僕の場合、予備資金から5万円ずつ3つのコインに投資しました。ビットコインを海外の取引所に送付して、対象のコインを購入した時点でビットコインのスプレッドと送金手数料と価格変動と取引手数料で既に5万円から4万円に減ってます。それが3回なので、いきなり3万円くらい損してます。

予備資金から15万円回した「???」もいきなり損してますが、かなりマイナーかつマニアックな投資法で、文字にすると検索に引っかかってしまうので当面謎ということで。普通に日本の証券会社で売買できるものなのですが、あまりにマイナーすぎてこの投資法について書いてるブログがほぼ存在しないものです。

USDT問題はけっこう大きな爆弾っぽいです。2016年から2017年あたりに「ドイツ銀行不安」というものがありましたが、あれ結局どうなったのか?という感じですよね。もしかしたら同じようになるかもしれませんが、USDT疑惑はちょっと気がかりな問題ではあります。

FXは順調なのでちょっと資金を増やしたいですが、あまり調子に乗るとやられるので、結局増やさないかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク