国民年金基金 vs 確定拠出年金どっちにする?

自営業者やフリーランス(個人事業主)が年金を増やしたいと思ったら、自分で積み立てるしかありません。週刊誌やネット上の記事には老後に3000万円とか5000万円の貯金が必要とか書かれています。

自営業だとほとんど年金がもらえない

しかも、高度経済成長期の資産形成に一番良い時代にサラリーマンをやっていた人にとってです。自営業者なんて厚生年金がもらえないわけですから、もっと貯蓄を積まないといけないことになります。今の時代、厚生年金に入っていないフリーターや自営業だと、もらえる年金が月5~6万円ですから老後に貯蓄や仕事が無かったら生活保護以下の生活になってしまいます。

ただ、老後に3000万円以上の貯蓄が必要なのは、夫婦二人で生活費が月に30万円くらいかかるという前提みたいですが、そんなに生活費いらないでしょう。どんだけ贅沢するつもりなんだと。

お金はあるに越したことは無いわけですが、あの手の記事は煽りすぎなのであまり信じなくても良いと思います。でも、自営業者だったら老後に少なくとも貯蓄が1000万円くらいないとキツイでしょう。自営業だったら定年とか関係なく働けるというメリットはありますが、健康的な問題で働けなくなるかもしれませんから。

付加年金を残したかったから

そこで選択肢に入ってくるのが国民年金基金と確定拠出年金です。どちらも検討しましたが、結局僕は確定拠出年金にしました。月額68000円までなら両方加入することも可能です。

どちらも、掛け金が全額所得控除になりますし、似たような制度です。

ただ、国民年金基金と付加年金には同時に入ることができない。
確定拠出年金と付加年金は同時に加入できる。

ということがあります。

確定拠出年金は自分で運用したい人向け

さらに確定拠出年金(401k)を選んだ理由としては、自分で日本の株式インデックスとか海外株式インデックスとか定期預金とか投資先を決めることができるということです。国民年金基金は元本割れしませんが、インフレ対策としては弱いというデメリットがあります。まあ、ずっとデフレが続くという可能性も無きにしもあらずですが、長い歴史から見ればデフレは短期的(数年から数十年)なものです。インフレは超長期的(数十年から数百年)な傾向ではあるので、一応インフレになるということを前提に投資をします。

そこで、ドルコスト平均法で日経平均に連動するインデックス投信を買っていくという方法にしています。損する可能性ももちろんありますが、掛け金が全額所得控除となりますから、普通の証券会社でインデックス投信を買うよりは全然お得と言えます。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク