おつりで投資「トラノコ」のメリット・デメリット

トラノコというおつり投資サービスが開始されて、新規登録できるようになっています。おつり投資っていうコンセプトは良いと思うので、やりたいなと思っていました。

そこで、トラノコをチェックしたら、月額利用料が税込みで300円かかるとのことです。いつでも出金可能ですが、出金手数料も300円です。

運用報酬が0.3%というのは良いと思うんですけど、月額利用料が気になります。なぜなら、おつり投資なので月の投資額はせいぜい数百円から数千円程度でしょう。仮に3000円とします。そうすると、10%が手数料として取られてしまうので、かなり割高感があります。これは大きなデメリットだと思います。

おつりが貯まっていって運用額が数十万円、数百万円になり、仮に年率3%で増えるとなるとそれほど月額料金も気にならなくなりますが、初期段階は数万円程度の運用額で年間手数料3600円はなかなか大きく感じてしまいます。10万円を年利3%で運用できたとして、やっと3000円が回収できるわけですから。

手数料を取らないことには、この様なサービスは成り立たないのでしょうがないのですが、やっぱり手数料が気になります。

トラノコの大きなメリットとしては、貯蓄と投資を仕組み化できるので、感情を入れずに自動的に投資ができるということです。だから、貯金がなかなかできない、無駄遣いをしてしまう、というような人にとってはとても良いサービスだと思います。毎日コンビニで何か買ってしまう!なんていう人はコンビニでクレジットカードで買い物をすることによって、知らない間にお金が貯まっていることになります。

一方、貯蓄をコツコツ自分でできる人にとっては、自分でお金を貯めて自分で同じような投信を購入した方が手数料分儲かることになります。ちなみに、トラノコを利用するには本人確認書類とマイナンバーの提出が必要です。

20代後半から30代後半にかけて色々な投資にチャレンジしてきました。 株主優待狙い インデックス投信 FX 日経平均ミニ先物 ...
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク