セミリタイアを目指す人がイデコを使わない理由

セミリタイアを目指す人のブログをいくつか読んでいると、イデコ(iDeCo)をやっている人がほとんどいないことに気づきます。だいたい、インデックス投信、日本株、アメリカ株に投資している人が多いのですが、イデコは使ってないですね。あと、FXや商品先物、指数先物などをやっている人もほとんどいません。

これは何故かと考えると、セミリタイアとイデコは単に相性が悪いからでしょう。セミリタイア生活を支えるメインの収入として、売却益や配当収入をメインに考えている人が多いです。そもそも働きたくない人がセミリタイアするわけですから、バイトなどの労働収入をメインにするのは不本意でしょう。

イデコこと確定拠出年金の最大のデメリットは60歳になるまで一切引き出せないことです。どんなに上手く売買して資産を20年かけて10倍にしたところで、60歳にならないと使えないわけです。人生何があるか分かりませんから、すぐに売却できる流動性の高い資産を持っていた方が安心です。病気になったりしたら、遠くの1000万円よりも近くの50万円の方が重要になります。

イデコの資産を担保に貸付を受けることもできません。それだったら、最初からイデコを使わずに、すぐに現金化して自分の口座に移せる金融商品を選択するのは、セミリタイアを目指す人にとっては合理的です。そんなわけで、セミリタイアを目指す人はイデコは使用しない方が良いかもしれません。

僕は結局、現金を保有していてもある一定の割合は使わないで死ぬタイプなので、どうせ使わないならイデコで運用しようと思ったので続けてます。月5000円の掛け金ですけど。月5000円だったら確定申告での所得控除も値上がりも考えない単なる貯蓄と考えると20年かけて120万円にしかなりません。だからこそ、リスク資産である投信の売買で増やしてみようと思っています。

セミリタイアを目指す人がFXや先物をやっていないのは、ギャンブルという印象が強いからでしょう。どんな投資対象を選んだとしても、結局はやり方次第だと思いますが、自分が良くわからないと思う物に手を出さないのは賢明です。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク