ケネディクスが不動産クラウドファンディングをスタートさせる

マンションやアパートとか戸建てなどの個人用の住居に投資する不動産投資は全くやる気が無いんですが、商業施設やオフィスビルや物流施設に投資する「不動産投資」はアリだと思っています。なぜなら、人口が減少しても需要が減るとは限らず、一部の地域では増える可能性もあり、住居用の不動産投資よりも未来があると思うからです。

だから、Jリートは保有していたこともありますし、今後も機会があれば購入したいと思っています。そんな中、ケネディクスが不動産のクラウドファンディングをスタートするとのこと。

Jリートは安いものでも最低単元で10万くらいからですが、不動産クラウドファンディングは1万円からできるとのことです。ブルームバーグの記事によると大体利回りは4%程度になるようです。

ローンを組んで不動産を購入した場合、売りたくても売れないという事態に陥る可能性がありますが、不動産クラウドファンディングだったら、最大リスクは掛金がゼロになるだけです。将来に渡り固定資産税を払い続けるような負の遺産になるようなことはありません。

一般的なクラウドファンディングの分配金の税金は雑所得になり、総合課税になってしまいます。その点、株と同じ税制のJリートはとても良いと思っています。多分、不動産クラウドファンディングの分配金も雑所得になるんだろうなと思います。

流動性や税金などを考えると、不動産投資をするならJリートが一番良いと思いますが、小口で買えるのがクラウドファンディングの良さです。1万円で1口ならDMMバヌーシーでも良いような気がしますが。DMMバヌーシーは競馬が好きだったら楽しそうですね。僕は競馬に全く興味が無いので、ケネディクスの不動産クラウドファンディングの方が興味はあります。事業に融資するタイプのクラウドファンディングよりも不動産クラウドファンディングの方が安定しそうですし。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク