SBI証券のS株NOW!のメリット・デメリット

S株now

2017年9月30日からスタートするSBI証券のサービスに、S株NOW!があります。10万円から投資できるようですが、よくある投信と大きな違いがあります。

S株NOW!では、「人工知能」「IoT」「防衛」「宇宙開発関連」などのテーマに沿った10社のS株(単元未満株)を購入し、実際にその企業の株主になれます

たとえば、LINEの株を買おうと思うと、普通に購入するには100株買わないといけませんから40万円と手数料を用意しないといけません。10万円では購入できません。

10万円しか投資するお金が無いという場合でも、S株を利用すれば1株だけ買うとか、3株だけ買うとかそういうことが可能です。単元未満株と言って、最低単元未満の数量しかありませんが、株主名簿にも載ります。そのため、配当ももらえますし、株主向けの書類も郵送されてきます。ただ、株主優待は100株以上とか決まっているのでもらえません。投信よりも投資しているって感じになります。

ちなみに、僕もSBI証券のNISA口座でソニーの単元未満株(S株)を5株だけ持っています。ちゃんと配当も5株分もらえています。

S株NOW!ではそういう単元未満株をテーマごとまとめて投資できるということですね。メリットは、NISAに入れることができること、10万円だけで株主名簿に載る10社の株主になれるということです。10万円コースだとテーマによっては5社程度になってしまう場合もあります。全て同じテーマのため、もしそのテーマが株式市場で盛り上がれば、大幅な値上がりが期待できます。

デメリットは、全て同じテーマなので、そのテーマ全体がしぼんでしまうと、値下がり率が大きくなる可能性があることです。でも、投資資金が10万円なのでそれほどダメージは無いと思います。そして、同じテーマの銘柄なので分散投資にはなりません。よく投資の本には分散投資が必要と書いてありますが、少ない投資資金の場合分散投資はあまり意味が無いのでそれほど気にしなくても良いと思います。

あと、SBI証券のアクティブプランだと、10万円以下の株を普通に購入すると手数料が無料です。一方、S株NOW!の場合には銘柄ごとの売買代金の0.5%の手数料(最低50円)がかかります。最低でも1銘柄50円はかかるということは、10銘柄購入する時に500円の手数料は最低でもかかります。※2017/9/30(土)~2017/10/31(火)のキャンペーン期間中は手数料全額キャッシュバックとなっています。

インデックス投信の積み立てが人気ですよね。インデックス投信の最大のデメリットは持っていても全然面白くないことです。実際にどこかの会社の株主になっているわけでもありませんから。1株でも株を持って株主になっていれば、その会社についてもっと知りたいと思うようになるでしょうし、情報に対するアンテナが敏感になります。

全く同じようなサービスでFolio(フォリオ)というベンチャー企業のサービスもそのうち開始されるようです(※追記:folioが先にこのサービスをやろうとしたようです)。手数料も同じようですが、Folioの方がテーマが細分化されていますね。ただ、知名度や安心度から言ったらSBI証券を取る人が多いと思います。S株をNISA口座に入れられるということも大きいですし。

10万円からスタートできるので、S株NOW!の様なサービスを使ってみると、投資の入り口としては非常に良いと思います。SBI証券のS株NOW!はこれから投資を始めたいけれど、投信はなんかつまらなそうという人には良いサービスだと思います。投資できるお金が5万円しかないのでS株NOW!もできない、という場合には普通にSBI証券でS株を1株とか買ってみると良いと思います。5000円とかでも大企業の株主になれます。

ソニーから配当のお知らせが送られてきました。SBI証券の単元未満株を利用していて、5株しか持っていませんから、配当は50円です。NISA口座...
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク