ラジオ日経マーケットプレスあるあるを言いたい

ラジオ日経の毎週月曜日~金曜日 9:00~11:35(前場)、12:30~15:10(後場)にやっている『マーケットプレス』を聴いている人って、定年退職して株をやっている人がメインだと思うので、60歳以上のリスナーが多いと思います。あとは、自営業で仕事の合間に株をやっている人がそこそこいるって感じだと思います。

マーケットプレスによく出ている岡崎良介さんのセミナーに行ったことがありますが、けっこう30代くらいの人もいた印象があるので、意外と30代~40代くらいでも聴いている人がそこそこいるのかなと思いました。BS12のマーケットアナライズの視聴者の可能性もありますが。

ラジオNIKKEIマーケットプレスを聴いていると、色んな専門家が出てきて色々な事を言うので、投資を始めたばかりだと迷いが生じまくると思います。

僕はたまに聴いているのですが、いつも思うことがあります。

まずタイトルがAmazonの『マーケットプレイス』に引っ張られて、マーケット「プレス」ではなく、マーケット「プレイス」だと思われがち。market placeではなく、market pressなんですね。

ラジオ日経マーケットプレスは、大体女性のフリーアナウンサー1人と男性の専門家1人の組み合わせになっています。岸田恵美子さんというパーソナリティーがいるのですが、日経の記者だと知ってびっくりしました。安定した喋りと、駄洒落を連発する専門家のあしらい方など、てっきりフリーアナウンサーだと思っていました。記者とは思えないアナウンスの上手さです。

あとは、鎌田伸一記者の声と顔のイメージが違う。鎌田伸一さんの声って、60代から70代くらいのベテラン政治家みたいな感じ(麻生財務大臣の声を高くした感じ)なんですが、写真を見ると顔の感じが全然違うし思っていたよりも若いです。蒲田記者はいつも話が脱線して、本題と全然関係ない情報を盛り込んでくるところとかはけっこう好きです。とんねるずと同い年と言ってました。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク