2018年12月、S&P500、Nasdaqは年初来安値を更新

2018年12月になって、アメリカ株が年初来安値を更新しました。年末株高説というのはよく言われているので、年末に向けて上がるだろうと思っていた人も多いでしょう。

アメリカ株に関しては、Nasdaqは怪しいですが、NYダウかS&P500に連動するインデックス投信だったら、数年後には高値を超えている可能性はあります。超長期投資だったら含み損はそれほど気にしなくても良いでしょう。

NYダウ(DJI)月足のMACDがダイバージェンス発生の上、明確にデッドクロスしてますし、ここからは日足、週足レベルでの下落トレンドの確率は相当高いのではないかと。更にダブルトップの完成もありえます。

西側諸国でのファーウェイ排除、今まで全然報道されていなかったウイグル自治区「再教育施設」への批判が強まったりしています。株式市場に対する意外な所からのショックに備えた方が良いと思います。

僕はドル円ショート、xauusdロングポジションを持っているので、それを利確しつつ株を買い下がるという感じです。

こういう下落トレンドの時は楽天ポイントで、楽天・全米株式インデックス・ファンドに投資していくのが良いと思います。株や投信って買ったら下がりますから。月に500ポイント以上楽天ポイントで投信に投資すると、SPUでもらえる楽天ポイントが1倍分増えますし。

12月はダウンジャケットを楽天で買ったので、けっこうポイントもらえそうです。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク