NYダウも年初来安値更新でダブルトップ完成か?

FOMCで大方の予想通り0.25ポイントの利上げが決定しました。FOMCでの利上げは織り込まれているはずなのにNYダウは年初来安値を更新。ドル円は上げ下げしてます。

トランプ大統領はFRBの利上げ批判を繰り返していますが、これをやっておくと「株価が下がったのは自分の政策の結果ではなくFRBのせいである」と言い訳しやすいから意図的にやっているのかもしれません。

ドル円の日足はニューヨーククローズ時間ギリギリで三役逆転にはならなかったようですが、雲の下限が斜め上に上がっていくので、三役逆転になるのも時間の問題でしょう。

NYダウは2018年の安値を更新したため、週足、月足でのダブルトップ完成しそうです。ダブルトップになったら確実に下落するというわけではないのですが、週足の一目均衡表でも三役逆転してますから、前回の同レベルの安値の時よりも下落リスクが高まっています。

僕が好きなテクニカル分析は、一目均衡表、MACD、フィボナッチですがどれを見てもNYダウは売りっぽいです。だからといって、CFDでNYダウの売りとかはやらないんですけど。今まで通り、20000ドル前後への調整を想定しています。最大で18000ドル程度までの調整は覚悟しています。

難しいのは日本株で、明らかに割安な個別株があるのですが、買いたいけどNYダウも日経平均もまだまだ下げそうなんだよな~という。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク