スーパーのもやしの価格が安い理由

もやし

ヤフーニュースにもやし生産者の窮状っていう見出しがあったので、読んでみたら人件費と原材料費が上がっているのに、販売価格は下がっていて生産者は大変ということでした。

たしかにもやしは安いです。僕がいつも買ってるもやしはライフで1袋22円くらいです。たまに19円で売っていて、そんなに安くていいのか?とは思っていました。ドラッグストアのセイムスだと29円くらいだったような。

もやしは創味シャンタンDX(ウェイパー)と黒コショウで炒めるだけで美味しいですし、安く食物繊維を摂取できるので重宝しています。面倒な時は電子レンジで温めてポン酢だけでもいけます。そして、食事の一番最初にもやし一袋分食べると、既にそこそこお腹いっぱいになってしまって全体的に食事量が減るので、ダイエットにも向いています。

近所のスーパーの相場だと平均40円くらいなので、ライフは人集めとしてもやしの価格を下げているんだろうかと思っていました。最近、えのきも30円くらいで売っていたので、何か一つでもガツンと下げると集客効果があるんだろうと思います。

もやしって安いのは良いのですが、3日間くらいしか持たないので、またすぐに買いに行かないといけないんですよね。そういう点でも集客する商品としては丁度良いんでしょう。20円台だと安すぎるので、40円くらいになっても同じ数は買うと思います。

外食で600円から800円くらいする中華料理屋の野菜炒めってほぼもやしですからね。あれを食べるなら、家で自分で野菜炒めを作った方が全然安上がりで良いです。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク