3食自炊の方が健康的で節約になる

会社員の時は昼は外食で朝と夜は自炊という感じでしたが、会社を辞めてからも同じような感じでした。散歩も兼ねて昼はどこかに食べに行くようにしてました。もう持っていませんが、吉野家と松屋とゼンショー(すき家)の株を持っていたので、株主優待で牛丼を食べたり。あとは、アトムの優待カードを使ったり。一応、外食でも節約志向ではありました。

ランチは大体1食500円から1000円くらいになりますが、外食だとどうしても野菜が少なくなります。大戸屋の定食は比較的野菜が多めですが、それでも少ないです。やよい軒の方が値段は安いですが、野菜はほとんどありません。

つまり、食物繊維がほとんど摂取できません。だから、会社員の時は便秘になりがちでしたが、3食自炊にしたところ、ここ5年くらい便秘になってません。

まず、野菜の摂取量が多くなりました。野菜が安いスーパーを見つけたので、自分でサニーレタスやトマトやきゅうりなどを買ってサラダを作ると、デパ地下で売ってるRF1の700円くらいのサラダと同じような物が150円~200円程度で作れます。野菜のみだったら100円以下です。使用する肉の種類によって価格が高くなりますが、それでも安いです。ドレッシングを3種類くらい揃えていれば毎日野菜を食べても飽きません。

もやしは1袋20円くらいなので、ウェイパーで卵やニラと一緒に炒めたり、豚バラと一緒に蒸してゴマダレで食べたり。夏はあまり食べる気になりませんが、冬はキノコも多用します。

面倒な時はライフの冷凍野菜(ブロッコリーとニンジンとか)をレンジで温めて、ドレッシングをかけて食べるとかでも良いです。ちなみに、ライフのプライベートブランドの冷凍野菜は特定の曜日に買うと10%オフです。

同じ分量の野菜を摂取して、更にメインの料理も食べようとすると、外食だと1500円から2000円くらいかかってしまいます。同じようなサラダだけでも800円くらいしますし。自炊だとタンパク質と食物繊維の分量を考慮しても250円から350円くらいで済みます。

そんなわけで、スーパーに行って買い物をし、料理をする時間がある場合は自炊の方が断然おすすめです。というか、日々の食事というは一種の投資だと思っています。その毎日の積み重ねが10年後とか将来の自分の健康状態を決めるわけですから。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク