鯖の水煮缶が売り切れている

鯖の水煮缶を1日~2日に1缶くらい食べています。最近、テレビでよく鯖缶が取り上げられているらしく、スーパーで鯖の水煮缶が売り切れていることが多いです。安い物から売り切れるので、高い水煮缶は売れ残っているので買えないことはないんですけど、食費がちょっと上がってしまいます。ツナの水煮缶も売り切れてました。

Amazonで見たらスーパーの3~4倍の価格に値上がりしてました。

200gほどの鯖の水煮缶1缶でタンパク質30gくらい摂取できますし、そのまま食べることができるため、栄養価やコスパを考えると非常に有り難い商品です。

100円ローソンなどでも鯖缶は購入できますが、100円ショップの鯖缶はタンパク質含有量が15gくらいなので、170円くらいの鯖缶を買った方がお得です。

健康を考えると、減塩もしくは食塩を使用していない鯖缶を食べた方が良いんですが、なかなかスーパーでは食塩無添加の鯖の水煮缶って売ってません。それで、Amazonとかで買おうとするとひどい価格になっています。

ホテルに泊まる時も朝食はホテルの下に降りていくのが面倒なので、前日に近所のスーパーかコンビニで鯖缶とサラダを買っておいて室内で朝食を摂るようにしています。食塩が添加されている鯖の水煮缶の場合、ドレッシング代わりになるというメリットがあります。

2018年10月26日追記:

『林修の今でしょ!講座』で鯖の水煮、鰯の水煮、鮭の水煮の缶詰が良いということを放送していたのをたまたま見ました。また売り切れかよ~と思って、...

食塩無添加 鯖缶 ( さば缶 ) 水煮 国産 190g×3缶セット
食塩無添加 鯖缶 ( さば缶 ) 水煮 国産 190g×3缶セット

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク