大豆の発酵食品「テンペ」が意外と美味しい

パレオダイエットでは発酵していない大豆食品はNGです。そのため、納豆以外の発酵食品「テンペ」を購入してみました。普通のスーパーには置いてなかったりしますが、ちょっと高級志向のスーパーとか、自然食品専門店なんかには納豆の近くに置いてあります。納豆2パック分の分量で、てんぺ1つ300円近くするので割高に感じますが買ってみました。

原材料に「原材料名:大豆・テンペ菌・米酢・米粉」と書いてあるので、ちょっと酸っぱいのかな?と思ってそのまま食べたら、全然酸味がなく美味しい。しっとりしたカシューナッツとマカデミアナッツの中間みたいな味です。大豆の自然な甘味があって、そのままおやつとして食べられます。

要冷蔵じゃなかったら、テンペをおやつとして持ち歩けるんですが、要冷蔵なんですよね。

テンペは納豆よりも値段が高いので、週1回くらいサラダの上にのせて野菜と一緒に食べてます。

「テンペ」って語感から平安時代あたりに作られた日本の食品かと勝手に想像していたのですが、インドネシアの発酵食品で、茹でた大豆をてんぺ菌で発酵させたものみたいですね。

腸内環境を整えるために、サラダの上にテンペ、そして、ホワイトワインビネガー、オリーブオイル、塩麹、イタリアンハーブで味付けしてみました。なかなか良いです。

同じく大豆の発酵食品の味噌も使いたいのですが、チューブに入っている味噌ってなかなかスーパーに置いてないです。普通の味噌の容器って透明のプラスチックの箱みたいなのに入っていて、使いづらいです。だからチューブ入りで、出汁とか余分なものが入っていない味噌が欲しいんですけど、なかなかスーパーで見つかりません。

国産丸大豆テンペ
国産丸大豆テンペ

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク