パレオダイエットのデメリット:他人に説明しづらい、本気でやると食費がかかる

パレオダイエットを始めて2ヶ月経ちました。最初の1ヶ月程度は、3食中1食は蕎麦とかパンも食べていたのですが、最近は1日2食で完全にパレオダイエットのルールに従っているため、小麦は一切摂取していません。基本的にパンやパスタやピザやうどんなんかは一切食べてないです。外食の醤油とかドレッシングとかソースとかには小麦が入っちゃってるかもしれませんが、それはまあしょうがないです。

体重は気にしていないのでよく分かりませんが、とにかく便通が良くて気分が良い。もうこれだけで、昔の食生活には戻れません。平飼いの卵、オリーブオイル、ナッツ、野菜、果物、サツマイモを沢山購入するので、食費は以前の1.5倍くらいになってます。セミリタイヤ系のブログを読んでいると、食費1万円台の人が多いのですが、カロリー計算、摂取する栄養などをちゃんと計算してパレオダイエットをやると1人暮らしで最低でも食費4万円くらいはかかってしまいます。

あとはプロバイオティック3というプロバイオティクスも飲んでるんですけど、これも自分に合ってるでしょうね。

パレオダイエットのデメリットとして、他人にパレオダイエットを説明するのって面倒なんですよね。「ベジタリアン」だったら動物性タンパク質は摂らないんだろうって分かります。「糖質制限ダイエット」だったらパンとかご飯食べないとか分かりやすいですね。

パレオダイエットでは果物とか根菜類などに含まれる糖質はけっこう食べる(総カロリーの20~40%)ので、糖質制限という訳ではないです。それに、肉や魚も食べるし。かといって、一般的にヘルシーだと思われている大豆や玄米は食べません。だから、他人に説明するのが非常に面倒なんですよね。レクチンの害やリーキーガットの話って理論上そうである確率は高いですが、本当かどうかよく分かりませんし。

友達に小麦食べないっていうとドン引きされますし。もうね、「専業投資家」という時点で既に「変わった人」というか、昔から「変わった人」扱いされてるんで、どうでもいいんですけどね(笑)スイーツとか食べたくならないの?と聞かれますが、サツマイモの甘さで十分です。ブルーベリーとかキウイなんかも食べるので、それで全然満足です。それに、食物繊維とタンパク質を十分に摂取していると、お腹が空きにくく、甘い物を食べたいと思わなくなります。

パレオダイエットは非社交的で飲み会が嫌いな僕のような人間には非常に良いんですが、一般的な人付き合いをしている人には続けるのが難しいんじゃないかなと思います。

一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク