鯖の水煮缶に続き、鮭の中骨水煮缶も売り切れ

カルディーの鯖の水煮缶

『林修の今でしょ!講座』で鯖の水煮、鰯の水煮、鮭の水煮の缶詰が良いということを放送していたのをたまたま見ました。また売り切れかよ~と思って、スーパーを色々と回ってみましたが意外と鯖の水煮缶は残ってました。

『林修の今でしょ!講座』でも製造工程が放送されていましたが、鯖の水煮や鮭の水煮って、生の魚を缶詰に詰めてから加熱します。そのため、普通に調理すると酸化しやすいオメガ3を一番効率的に摂取しやすいようなんですね。パレオダイエットでも使えます。

痩せたい場合は鯖缶、血管を気にする人は鰯缶、免疫は鮭缶って言ってましたね。

カルディーの鯖缶は200円近くしてちょっと高いんですが、品切れになったのは見たことないので、スーパーで買えない人はカルディーに行くと良いでしょう。缶詰のデザイン的にはカルディーの鯖の水煮缶が一番お洒落です。でも、カルディーの楽天ストアとかネットだと買えません。

東急ストアでは鯖の水煮缶が品切れになっていたので子供が鯖の水煮缶を探していて、お母さんに「店員さんに聞いてみなさい」とか言われていたり、ライフではおばちゃん2人が「冬に製造されたものがいいらしいのよ~」とずっと缶詰コーナーにいて賞味期限を確認していて邪魔でした。

伊勢丹ではちょっと前まで200円で売られていた伊藤食品の鯖の水煮の缶詰が300円に値札が張り替えられていました。まあ、伊勢丹で食品買う人は100円くらいの差は気にしないでしょう。

さすがに、マルハニチロの鮭缶は高いので売り切れになってませんでしたが、鮭の中骨水煮缶が品切れになっているスーパーが多かったです。やはりこの日が来てしまったかと。こんな日のために、スーパーに行く度に鮭の中骨水煮缶を1~2個ずつ買っておいたのです。

『林修の今でしょ!講座』によると、エサとしてオキアミを食べた魚はアスタキサンチンが普通は皮に行くそうで、鮭のみ身にアスタキサンチンが溜まるそうです。鮭缶は高いんで、買うとしたらやっぱり鮭の中骨水煮缶になりますよね。

ちなみに、アスタキサンチンは油に溶けるので、鮭とオリーブオイルは一緒に摂った方がいいそうです。

マルハ さけ中骨水煮 EOKR 150g×6個
マルハ さけ中骨水煮 EOKR 150g×6個

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク