ボーンブロスというか手羽元と野菜のスープがなかなか良い

腸内環境に関する本とか、パレオダイエットで勧められているものに「ボーンブロス」があります。要するに、骨から取った出汁です。何時間も骨を煮込むとか、作るの面倒臭いなと思ったので、クックパッドのレシピをいくつか参考に適当にアレンジして作ってみました。どんなに良いものだとしても、作るのに手間がかかりすぎると続きませんからね。

ロピアで手羽元のファミリーパックとキャベツ(半玉)と玉ねぎとニンニクを買ってきました。

圧力鍋に手羽元を8本くらい(パックの半分)入れて、手羽元が浸るくらい水を入れます。

お酢を大さじ一杯入れます。家にあったワインビネガーで実際にはスプーンなどで計らないので量は適当です。

キャベツ半玉をざっくりカットして芯も全部入れます。

玉ねぎの皮を向いて丸ごと一個入れます。

今回は面倒くさいのでニンニクは使いませんでした。

それで、圧力鍋で加圧30分くらいでできあがりです。だいたい洗濯機を回して洗濯物を干し終わるまでです。

圧力鍋で30分くらい煮ると、あれだけ体積があったキャベツがほぼ水のみになっていて、手羽元の肉も骨から綺麗に分離してます。玉ねぎもほぼ溶けます。お酢を入れると骨から肉が綺麗に分離するって「あさイチ」のお酢特集でやってたので、お酢を入れました。

味付けは塩だけでも良いと思いますが、マギーのコンソメスープの素を2本入れて、薄味です。できあがった手羽元と野菜のスープは優しい味付けで美味しかったです。野菜も大量に摂取できるし、なかなか良いと思いました。

余った分はセリアで購入した容器に入れて冷蔵庫保存しました。簡単に温めて食べられるので朝食にも良いですね。1回の調理で4食分くらいは作れるのでなかなかコストパフォーマンスも良いと思います。冷凍ブロッコリーを使っても良いと思いますし。ボーンブロスパウダーってiherbでも売ってますが、多分食品関連の法的な規制で日本からは購入できないようです。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク