パレオダイエットのデメリット:同じ食材ばかり食べるようになって飽きやすい

外出自粛が続くと、楽しみって「食べること」ぐらいになります。そうなると、パレオダイエットってめちゃくちゃ辛くなるでしょう。まず、小麦NG、砂糖NG、豆NGなので食べられる食材が限られているため、結局同じものばかり食べることになります。

外出して他にやることがあれば良いのですが、外出できないと食事制限はかなり苦痛となります。

食費が無限であれば、パレオダイエット対応の食材でも色々と食べられると思いますが、食費を考えると結局同じ様な食材ばかりになってしまいます。現実的な食材はサバ缶、卵、野菜、牛肉、豚肉、鶏肉、レバー、きのこ、ナッツとかですが、結局偏ってきます。

ここで問題になりそうなのは、同じ食材ばかり食べていると、栄養素が偏るのではないか?ということです。どんなに体に良さそうなものでも、大量に食べたら問題ですからね。たとえば、玄米にはヒ素、アーモンドにはシュウ酸が多く含まれていたりします。

パレオダイエットを止めてからはパスタやパンも食べてます。特に、OKストアのピザが安くて美味しいです。1切れ120円くらいで安すぎる割にその辺の飲食店のピザより美味い気がします。あとは、セブンやローソンのバスクチーズケーキとかもよく買ってます。ただ、スイーツを買うにも1食の糖質が10g程度にしていて、バスクチーズケーキは半分はラップに包んで冷凍して2回に分けて食べたりしています。

以前、自分でチーズケーキを作ったりしていたので、数年ぶりにコンビニスイーツを食べてレベルの上がり具合にびっくりしました。

業務スーパーのリッチチーズケーキも買ってみましたが、やっぱりセブンのバスクチーズケーキの方が美味しかったです。

QOLを考えると、パレオダイエットよりは、地中海式ダイエットにある程度は好きなものを食べるというのが良いと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク