映画シンゴジラの感想

映画シンゴジラを観てきました。

評判が良いのでけっこう期待して行ったんですけど、やっぱり面白かったです。踊る大捜査線の様な大きな会議室のシーンとかが多く、役職名や法律とか明朝体の長い文字列が沢山出てきます。

アメリカの映画やドラマだと細かい法律とかは無視して、ジャック・バウワーの様に主人公が独断でどんどん物事を進めていくわけです。でも、シンゴジラでは意思決定までのプロセスがまどろっこしく、現場が頑張ろうと思っても上が決定しないことには動けません。総理は一度決断しても、周りの大臣や官僚から反対されるとすぐに意見を変えてしまいます。そういったシーンがコメディーっぽさと緊張感を交えて流されます。

怪獣映画で見たことがあるのってガメラ2とハリウッド版ゴジラ(渡辺謙の方)とパシフィックリムくらいですが、シンゴジラは面白いです。想定外の危機が起こった時にどう対応するかという政治ドラマという感じですね。自衛隊や米軍の攻撃シーンもありますが、絶望的なまでにゴジラにダメージを与えられません。このままでは多国籍軍による核攻撃が行われてしまうという状況下で、ゴジラ凍結作戦を決行します。最近見た映画では一番面白かったです。

ゴジラ対策の本部にバナナマンの日村さんにすごい似てる人がいたんですけど、あの俳優の名前がわかりません。

それにしても、石原さとみさんの役はなぜ必要なのか?と考えると、日本人のアメリカコンプレックスみたいなものをあぶり出すため?とか考えてしまいました。あの日米をつなぐリエゾン的なキャラクターって全体的なストーリーからすると必要ないと思いますし。多分見ている人の9割くらいをイラっとさせると思います。

アメリカ大統領になる夢を持っている日系アメリカ人という設定で英語が母国語のはずなのに、英語の発音が日本人っぽいのはわざとそういう設定にしたとしか思えません。母国語が英語の俳優を使ったらこんな変な感情は抱かなかったはずなんです。

それで思い出したのが、ロンハーの食いしん坊おデブ GPという回でした。渡辺直美さんとかの「おデブ」な人たちの食生活を調査するというものでしたが、スタジオにいる千原ジュニアさんや博多大吉さんの様に、僕もしかめっ面になって見てました。テレ東の大食い番組で痩せている人がものすごい量の食べ物を食べているのを見るのは全然大丈夫なのに、なぜか「おデブ」な人たちが食べまくっているのを見るとげんなりするし、食欲がなくなります。これって何なんだろうって。

なんか共通するものがあるんです。上手くまとめられないのですが。それはいいとして、とにかくシンゴジラは面白いです。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク