ビッグバンセオリーが面白い理由 フレンズとの比較

日本のお笑い好きの人と話していると、ハリウッド映画などにおける笑いのセンスが遅れているというように感じている人が多いようです。でも、アメリカのシットコム(situation comedy)って面白いものもあるんです。

最近見ていて面白いのが、ビッグバンセオリーです。CBS史上最も視聴率を取ったドラマみたいです。一話20分程度で完結するドラマなので、あらすじというほどのものはありませんが、以下のような感じです。

大学(カルテック)の研究室で働く4人のオタク仲間と金髪のコミュニティーカレッジ中退の女子が繰り広げるコメディーなんです。主要人物の男性レナード、シェルドン、ラージの3人は理系の博士号を持ち、もう一人のハワードは修士号を持っているという設定です。そういった学歴のコンプレックス、専攻の違いなどもネタにされてよく出てきます。ビバリーヒルズ高校白書はスクールカースト上位の人物ばかり出ていましたが、ビッグバンセオリーは逆にスクールカースト下位の人が多いです。シェルドンが幼少期にいじめられたエピソードなんかも出てきますし。

特にシェルドン・クーパーは直観像記憶を持ち、テキサスのキリスト教色の強い家で生まれ、理論物理学こそ学問であると思っています。それが顕著に出るのが、他学部とペイント弾で撃ち合うサバイバルゲームです。地学など科学では無いと言ったり、社会科学を見下す発言もよく出てきます(笑)ただ、シェルドンは天才なのですが、他人の感情を読み取ることが苦手で、他人の発言を文字通り解釈してしまいます。さらに、潔癖症で何曜日はピザを食べるとか全て決まっているという強烈なキャラクターです。おそらく、ファン投票などをやったらビッグバンセオリーの中で一番人気なのはシェルドンでしょう。身近にいたら嫌ですけど。

そしてペニーという向いに引っ越してきたウェイトレスだけ高卒です。典型的な金髪のちょっと頭の弱い子として描かれており、そのペニーに高学歴のオタクが振り回されるというような感じで毎回エピソードが進みます。ただ、シーズンを重ねるにつれて、ペニーが段々スターウォーズやスタートレックの台詞を引用するようになったりと、人間関係も変化していきます。

このシットコムの特徴として、登場人物がやたら高学歴で無駄に難しい言葉づかいをするということがあります。これは、フレンズにおけるロスが古生物学の教授という設定で、ウェイトレスをやっている高卒のレイチェルを好きになるという設定をさらにデフォルメした感じになっています。フレンズのパクリというよりは、更に理系のオタクということを強調し、一般人的なツッコミ役としてのペニーと対比させています。

いつもゲイに間違われるチャンドラーに当たるのがインド出身のラージでしょう。ラージは女性としゃべることができないという設定ですが、お酒を飲むと急に女性を口説きだします。そして、なぜかブリジットジョーンズが好きだったり、トワイライトが好きだったりと、女っぽい趣味を持っています。

そして、ジョーイに当たるのがハワードだと思います。ハワードはユダヤ人で、なぜかいつもハイネック、オースティンパワーズみたいな服装としゃべり方をします。いつも、声だけ出てくるのがハワードのお母さんで、常に怒鳴りあうというやり取りがあり、そのフリが後に出てくるバーナデットというハワードの彼女に生きてきます。

主人公のレナードはシェルドンほど天才ではないので、ある程度一般人の感性を持っています。そのため、シェルドンのツッコミ役として貴重な存在となっています。

スタートレック、world of warcraft、マーベルネタが多いですが、マリオやパックマンなど一般人でも知っているようなネタも多く出てくるので、それほどアメリカのサブカルチャーを知らなくても楽しめます。やっぱり一番面白いと思うのはシェルドンの会話ですね。英語の単語レベルはかなり高いですが、かなり勉強にもなると思います。ちなみに、シェルドンがよく言う「バジンガ(Bazinga)」はシェルドンの造語で、嘘やジョークを言った後に言う決め台詞なので、特に意味はありません。強いて言えば、「ひっかかったな」というような感じでしょう。

ちなみに、bazingaは可算名詞で

That’s a bazinga!

というような使い方をします。
ジョークを言ったのに相手がジョークだと気付かない時とか、
上手く嘘を付いた後とか。

ビッグバン★セオリー 〈フォース・シーズン〉 コンプリート・ボックス(6枚組) [DVD]
ビッグバン★セオリー 〈フォース・シーズン〉 コンプリート・ボックス(6枚組) [DVD]

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク