空き巣被害を予防するために知っておきたいこと

空き巣

僕は心配性で考えすぎてしまう性格なため、日本で一番遭遇しやすい犯罪である空き巣についてはけっこう色々と調べました。そのため、物件の選び方も空き巣にあわなそうな物を選び、更に自分でも防犯対策を行っています。

僕は電子マネー大好きなので、現金を家にほとんど置いてません。でも、空き巣で嫌なのは、金銭的被害よりも、心理的な物だと思います。自分の部屋に知らない人が入ったという事実だけでもう嫌です。

防犯対策で重要なのは、自分の手の内を相手に知らせないことです。だからここでは詳細は書きませんが、空き巣犯人がベランダから侵入するとなると、歩行者の数が多く、犯行が通りから見えてしまうような場所を選びました。玄関から侵入するとなると、通常のピッキングではかなり時間がかかることになるような対策も行っているので、空き巣にあう確率は周囲の家よりも低いと思います。

2017年5月20日のジョブチューンで「元警察官がぶっちゃけ!身近な犯罪の最新手口と対策法SP」をやっていたので、空き巣の点のみまとめておきます。

元神奈川県警捜査三課の刑事が紹介していました。

●自宅の鍵を他人の前で使用すると、合鍵を使われる危険性がある?

カギのメーカーとカギ番号が分かれば合鍵が簡単に作れてしまうそうです。実際に、女子大生の家に侵入した犯人が、カギ番号を記録し、ネットで注文をして合鍵を作ってしまった事件がありました。カフェなどで自分のカギをテーブルの上に置いておくと、その場にいた人に合鍵を作るチャンスを与えてしまうことになります。合鍵を作ると、合鍵にはカギ番号が無いので、スペアを持ち歩くのが良いそうです。

僕のコメント:
特に、会社や学校が同じ人だと住所まで知られている可能性があるので注意したいところです。「新しいキーホルダーを買った!」とかで、自分の家のカギの写真をネット上にアップしたりするのもやめましょう。家族が多ければ多いほど、カギ番号が流出する可能性が高まるので、家族間でも防犯について話しておいた方が良いですよね。

●オートロックのマンションは、簡単に侵入できてしまう。

特にオートロックのマンションの上の階の人は防犯意識が低いので狙われやすいです。

僕のコメント:
これはよく知られていますよね。オートロックのメリットって防犯というよりは、訪問販売や強引な勧誘に出会う確率が低くなるだけですね。うちはオートロックではありませんが、日時指定した宅配便以外は出ないようにすれば特に問題はありません。いきなり鳴ったピンポンには出る必要無いと思います。行政関係だったらまず書類やハガキでお知らせが来ますし。

●狙われやすいのは、ベランダが格子?コンクリート?

ベランダがコンクリートの方が狙われやすいとのことです。格子だと外から丸見え、コンクリートで覆われていると入ってしまえば隠れられるので、犯人からするとやりやすくなります。空き巣の4割がベランダから侵入するとのことなので、ベランダの作りはけっこう重要です。空き巣は5分以上かかると70%が侵入するのをやめるそうです。

僕のコメント:
防犯用ガラスシートなどでベランダの窓ガラスを割りにくくするのが良いでしょう。ベランダの窓が開くと警報が鳴る防犯グッズや、外から窓が開かなくなるグッズなんかもあります。

●空き巣に狙われやすい共同住宅 近くに公園がある?公園がない?どちらが狙われやすい?

近くに公園が無い方が狙われやすい。外から見られる可能性があるので、避ける。ただ、全く逆のパターンがあり、一軒家は公園が近くにある方が狙われやすい。空き巣が下見をしやすい。公園側から見られない所から侵入される。防犯カメラやライトを設置した方が良い。

僕のコメント:

公園の近くは子供が遊んだりしてうるさいというデメリットもあります。最近は少なくなりましたが、サッカーボールを家の壁にぶつけられるという被害もあります。

●空き巣に狙われやすい共同住宅 最寄り駅が二駅? 一駅?どちらが狙われやすいか

2駅が使える方が狙われやすい。逃走経路が多く、防犯カメラに映るリスクが低い。泥棒は電車か歩き。車はナンバーを覚えられてしまう。

僕のコメント:
空き巣をする側からすると、顔を覚えられている可能性が高いからや自分の近所ではやりたくないでしょうね。だから、電車で数駅は移動するのではないでしょうか。自転車に乗っていると警察官に止められる可能性もありますから、スーツで歩いて営業の人間を装うのが一番自然かなと思います。

●泥棒が常に気を使っていること
気づかれない
見つからない
捕まらない

この番組では紹介されていませんでしたが、SNSやブログでこれから海外旅行に行ってきます!とか今旅行中です!とかは書かない方が良いです。家にいないことを空き巣に教えているだけですから。旅行後に事後報告するのが良いと思います。匿名でやっていたとしても、その人の氏名や住所は分かる人には分かってしまいます。

これから、賃貸物件を選んだり、一軒家を購入する際には空き巣予防についてもある程度考慮した方が良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク