満員電車に乗りたくない

最近はほとんど電車に乗ることが無いんですけど、JR東海道線や小田急線で東京方面に通勤していたことがあるので、朝の満員電車は何年か経験しています。座れれば良いんですけど、座れないと辛いです。

座って寝ていたら、僕の前に立っている人が立ったまま寝てしまったらしく、吊革から手かカバンを落として僕の頭にぶつかるということがありました。いきなり頭を殴られるのと一緒ですから、痛いし何かと思って混乱している間に女性の声で「すいません…」と言って立ち去って行ったのが聞こえました。

特に怪我もなかったんですけど、あれで出血したりしていたらやられ損です。毎日満員電車に乗っていたらそういうトラブルにはいつか出くわすでしょうし。

交通手段としての電車は、安いし車と違って本を読んでも酔わないのでいいんですけど、大きな問題があります。最近話題の痴漢冤罪です。最近、痴漢をしたとされる男性が線路に逃走するという事件がよく起きています。これは、嫌疑をかけられただけで社会的信用を失うということが広く知られているからでしょう。だから線路に逃走して良いというわけではないのですが、痴漢冤罪だったらパニックになると思います。

最近はほとんど電車に乗ってませんし、乗るとしても昼間なのでガラガラの場合が多いです。だから、それほど心配しなくても良いのですが、役所に行くのに電車に乗るという場合、帰りに帰宅ラッシュ時になってしまうということはあります。

単純に事件発生件数からすると、車を運転して自分が人身事故を起こしてしまう可能性の方が高いですが、電車通勤だったら毎日2回ラッシュ時に電車に乗ることになりますから、何らかのトラブルに巻き込まれることは十分あり得ます。少なくとも、日本国内でテロに遭遇するよりも痴漢冤罪で人生が終わる確率の方が高いでしょう。

痴漢冤罪を避けるには

1. 電車に乗らない(車に乗る)
2. 満員電車は避ける
3. 両手は吊革に
4. 女性の後ろは避ける

くらいしかありませんよね。電車に乗らないというのはコスト的に難しい人も多いと思いますが、会社のすぐ近くに引っ越すというのも選択肢としては考えた方が良いと思います。痴漢冤罪保険は痴漢冤罪を避けることができるものではなく、痴漢だと間違われてしまった時に弁護士にすぐ連絡できるというものですし。完全リタイアしてラッシュ時には電車に乗らないというのが一番安心ですね。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク