ザ・ノンフィクション 会社と家族にサヨナラ・・・ニートの先の幸せの感想

ザ・ノンフィクション 会社と家族にサヨナラ・・・ニートの先の幸せを見ました。phaさんは「ニート」じゃなくて「セミリタイア」した人じゃないですか?

なぜなら、毎月ある程度の収入を得ているようですから。ニートを拡大解釈して「働きたくなくて定職に着いていない人(フリーターとは違う)」にしてますよね。

人を集めたり、文章を書いたり、本を出して生きていけるのですから、あれは普通の人にはマネ出来ません。ただ、「こういう生き方もある」ということを多くの人に提示している功績は大きいと思います。普通に生きていると、周りの人と同じようにどこかの会社に就職して65歳くらいまで働き続けるものだと思いこんでしまいます。

そういう人生が合っている人もいるのでしょうけれど、会社での集団生活が合わずにうつになってしまう人もいるわけです。遺伝的に健康状態や才能などがある程度決められてしまいますから、どうしても自分に合わないことは存在します。無理矢理自分に合わないことを、世間体を考慮して続けるのは苦痛ですし、不幸なことです。だから、働かずに生きていけてるならまあいいじゃないかと思います。

番組中のインタビューで人間関係が上手く行かずギークハウスに住んでいるという人が何人かいましたが、よくギークハウスで集団生活できるなと思いました。家賃も紹介されていた当時は月4万円で、特別安いわけではありませんし。

理想は共同生活ではなくて、近所に一人暮らししてどこかに集まるということを番組内で誰かが言ってましたが、そうなんですよね。僕なんか他人と一緒に住もうと全く思わないですから、月4万円払うなら一人で都心から離れた場所の賃貸マンションに住むな~と思ってしまいます。

世間一般的に認められているような人生から外れた人でも生きやすい世の中になれば良いなと思います。僕も働きたくないからこそ、投資だけで生活したいと思って色々と試行錯誤してきました。20代はそこそこ頑張って働いてお金を貯めましたが、このままあと30年以上もずっと働き続けるのか~と思うと絶望しかありませんでした。だから、セミリタイアじゃなくて完全リタイアしたいです。

ツイッターを見ても、ザ・ノンフィクションを見て働かないことに否定的な人が多いので、ベーシックインカムに対する風当たりも強いんだろうなと思います。後編の感想も書きました。

ザ・ノンフィクション 会社と家族にサヨナラ・・・ニートの先の幸せ後編で、phaさんが週1でアルバイトをしていることが紹介されていました。ネッ...
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク