社会不適合者の僕が会社に限らず飲み会が嫌いな理由

飲み会が嫌い

職場の飲み会が大嫌いです。
多分、同じような人はたくさんいると思いますが、

あまり会社ではそういうことを公言しにくいでしょう。
僕は飲み会が嫌いってずっと言ってましたけど(笑)

「たりないふたり」という
オードリーの若林さんと南海キャンディーズの山里さんが、
飲み会を断る技とか、途中で帰る技を紹介しあう番組にはとても共感しました。

会社の飲み会とか懇親会とかが嫌いな理由を書いていきます。
別に飲み会好きな人を批判しているわけではなく、
ただ単に行きたくないという気持ちを表現したものですから、
少数の人でも共感してくれれば良いなと思って書きました。

アルコール飲料の値段に納得できない。

というか、そもそも飲食店のソフトドリンクの値段も納得できない。
野菜炒め定食が800円で、コーラが300円とか。
ディナーのコースが3000円で、ジンジャーエールが800円とか。

普段、自炊している僕からすると、飲み物の料金だけで1食分、
しかも栄養バランス的に考慮しても300円でそこそこ良いものが食べられるのに、
栄養価的に炭水化物だけのジュースに数百円も払いたくないという。

※これが友達とお茶をするとか、勉強や仕事のためにカフェで飲み物を
注文するっていうのであれば何の反論もございません。

いや、それは飲み物の値段というか場所代だよ。
いや、飲み物が重要なんじゃなくってコミュニケーションのツールだよ。

という意見があるのは分かります。
でも、

飲み会だと座る場所によって地獄

会社の飲み会とかだと、20人以上とかが同じお店に入って、
結局しゃべるのは最初に座った席の周囲の数人です。
だから、大人数で移動する意味がよくわからない。
居酒屋じゃなくて立食パーティーだったらまだ納得できます。それでも嫌ですが。

それだったら、ファミレスとかカフェで4人以下で集まって話せば良いと思うんです。
居酒屋で喫煙可能だと更にタバコの臭いが付くし嫌です。
タバコが吸えるなら、タバコで間を持たせることができますが、
タバコも吸わないし、お酒もあまり飲まないので、暇すぎて帰りたくなります。

人数が増えると会話がつまらなくなる

結局、話す内容もうすーいものばかりになります。もうちょっと少人数で静かに深い話だったらしたい。
この人はこの人のこと知らないからこの話はしない方が良いとか冷静に考えていると、
喋ることがなくなって聞くだけになること。

アルコールを飲んでいる人とのテンション格差

特にビールが美味しいと思わないので、烏龍茶だけ飲んでいたりすると、
周りのテンションについてけず、結局周りの人の話を聞くだけになります。
テンション格差が拡大すればするほど、早く帰りたいな~と思います。

アルコールを飲んでいないのに割り勘される

料理も揚げ物ばかりだから、ほとんど手を付けず、
古くなったレタスだけ食べて烏龍茶1杯しか飲んでいないのに
会費2000円~5000円くらい取られて
ぼったくりにあった気分になります。

結局、酔った人の話を聞くだけという苦行になるので、
本当に会社の飲み会が大嫌いなのです。
会社の人と仲良くなるために、給湯室で話すとか
ランチに行くとかは全然いいんですけど、飲み会に強制的に参加させるというのは嫌ですね。
飲み会に出るくらいなら、本を読んだり映画を見たりしたいです。

世の中には同じように考えている人が少なからずいると思いますが、
頑張って飲み会を断る理由をひねり出しましょう(笑)
大学や会社の飲み会が大嫌いという人は早く家に帰って副業で稼ぎましょう。

たりないふたり-山里亮太と若林正恭- Vol.1 [DVD]
たりないふたり-山里亮太と若林正恭- Vol.1 [DVD]

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク