NHKスペシャル「AIに聞いてみたどうすんのよ!?ニッポン」の感想 ビッグデータ解析?

AIの社会提言に対してマツコデラックスさんが耳を傾けるという企画です。最初は生放送かな?と思いましたが編集されてますね。NHKがオリジナルで開発したAIを使用したとのこと。30年分の5000種類、700万件のデータを分析したAIによると

「40代ひとり暮らしが日本を滅ぼす」とのことです。

番組を見始めの状態だと、かなり懐疑的に見ていました。ビッグデータ解析によりあるデータに関連するデータを見つけていき、風が吹けば桶屋が儲かる的な意外な関連性を導き出すというのは面白かったです。「AI」じゃなくて「ビッグデータ解析」の番組だと思ってみた方が良いと思いました。ビッグデータの中から関連性を見つけたのがAIであって、「提言」をしているのはその関連性に気付いたNHKの人じゃないかと思います。

●「健康になりたければ病院を減らせ」

AIは病院数が増えたり減ったりした時に連動するデータを瞬時に見つけ出せるとのこと。その中には人間だったら絶対考慮しないであろう「バナナの購入数」「ボランティアや社会活動の時間」なども含まれています。

番組中では病院の数が減ると健康になると紹介されていましたが、病院数が減ったからその病気だと診断された人が減っただけじゃないの?と思いました。

そこで、実例の紹介がされていました。夕張市の財政破綻により、病床数が10分の1になったそうです。そして、病院の閉鎖により健康意識が高まり、自ら運動するようなサークルを作り、健康になる人が増えたということです。実際にバナナの購入額も増えているようです。

そして、夕張市では財政難から行政サービスが減り、自主的に草刈りなどをする人が増えたそうです。不便さから逆に健康になるというのは、有り得そうです。

そして、夕張市のデータはAIには入っていないそうです。

簡単にまとめると、病床数が減って、病気の予防のために人々が活動的になることによって、健康になるとのことです。

僕は昔から医療保険や生命保険に入らない方が健康になると思っているんですけど、それは正しいのかもしれません。医療保険や生命保険に入ると「病気になっても良い」というモラルハザードが起こり、食生活や運動量に変化が出るはずです。その毎日の食生活の積み重ねが10年後とか20年後に病気として出るわけです。

●「少子化を食い止めるには結婚よりもクルマを買え」

婚姻件数と連動するデータは「即席麺の購入額が下がる」「スポーツ平均時間が上がる」「パック旅行日が上がる」「がんや心臓病の病気が減る」「中2男子の50メートル走のタイムが下がる」などです。

婚姻件数が増えてもなぜか「合計特殊出生率」は下がるそうです。そして、「できちゃった婚率」と「出生率」は連動しないようです。「合計特殊出生率」と連動するのが「製造業付加価値額」、そしてその「製造業付加価値額」に連動しているのが「乗用車保有台数」なのだそうです。

子供を産むには高額商品である車を買えるような良い経済状況が必要だということのようです。

段々書くのが面倒になったので、メインのトピックに移ります。

●40代ひとり暮らしが日本を滅ぼす

40代一人暮らしが増えると、自殺者数や餓死者数、生活保護費が増え、出生率が下がるとのことです。僕もそろそろそのグループに入るので、ほぼ当事者です。40代一人暮らしは全人口の2%程度しかいないのに、日本の未来に大きな影響を与えるのだそうです。MCのマツコデラックスさんと有働由美子さんも40代一人暮らしです。

マツコさんが言っているように、40代の一人暮らしが一番厄介であるというのはその通りだと思います。世間体的にも一番悪い感じがします。40代ひとり暮らしが増加すると「老人クラブの会員数が減る」そうです。老人クラブで「皆さんの中に40代の時に一人暮らしの人はいますか?」と聞いたところ、馬鹿にしたような笑い方でした。まあ、60代とか70代の人からしたら40代で一人暮らしなんておかしいという感じなのでしょう。

40代一人暮らしが増える社会では、50代の一人暮らしなどの他の世代の一人暮らしも増え、孤立する人が増えると。

では、どうしたら40代一人暮らしを減らせるのか?というと「家賃が下がる」と40代一人暮らしが減るそうです。そして、1坪あたりの家賃を1000円下げれば38万人一人暮らしが減るそうです。10坪で1万円ですから、大した額ではありませんが、補助金があるということ自体に何からかの心理的な影響があるのではないかということです。日本の住宅政策は持ち家に対してのみで、一人暮らしの賃貸に対しての補助というのは新設されたら面白いと思います。

更に、40代一人暮らしはどうしたら幸せを感じられるか?ということにも触れていました。「仕事を面白がるな」だそうです。何故かは教えてくれません。

マツコさんも言ってましたが、人間が政策提言をするとその人の価値観とかに引きずられてしまいがちですから、こういうビッグデータから関連性を見つけ出して、そこから政策のヒントを見つけるというのは有意義だと思いました。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク