本屋の中高年男性のマナー悪すぎ

9月15日は四季報の発売日でした。本屋に行ったら、60代くらいの男性が四季報を立ち読みしていました。その人は自分のかけていたメガネを平積みされている四季報の上に置いて、物凄く顔に近づけて裸眼で四季報を立ち読みしているのでした。

その人が平積みコーナーの一角を占有している上に、メガネを商品の上に置いてしまっているので、他の人が近寄りづらい感じになってしまっています。

他にもよく見るのが、バッグを平積みされている雑誌の上に置いて雑誌を立ち読みしている50代以上の男性です。お店の商品の上に自分のバッグを置くってどういう神経をしているのか謎です。どうせ立ち読みされて汚れるし、本屋は再販制度だから書店側に迷惑をかけていないとでも思っているのでしょうか?

そんな中年男性にそのバッグどけてもらえませんか?とか言ったらトラブルになりそうなので、普通の人は買おうと思っていたのに諦めてしまうでしょう。かなり書店の迷惑になっていると思います。男性が本の上にバッグを置いているのはもう何十回も見かけましたが、女性がやっているのを見たのは1回くらいしかないと思います。

にけつ!のトークでも言ってましたが、最近は電車の中でお年寄りに席を譲るのが10代から20代が多く、中高年男性は優先席に座っていることが多いようです。僕ももう中年ですが、あんな大人になってはいけないといつも思います。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク