考えすぎる性格の人が考えすぎないようにする方法

考えすぎる性格

考えすぎてしまうタイプの人間は、自分の思考によってダメージを受けてしまうので、辛いものがあります。たとえば、何か嫌なイベント「出勤」「無意味な行事」「会社の飲み会」とかがあると、何日も前から脳内でシミュレーションしてしまい、実際に行く前から精神的なダメージを受けます。

しかも、精神的なダメージを受けるだけではなく、自律神経から胃腸の調子が悪くなったりするので、肉体的なダメージにもつながります。その肉体的なダメージが精神的なダメージを生み、無限ループに陥ってしまいます。

あとは、

何であの人はあんなこと言ったのか?
何であの人はあんな行動をするのか?
何であの時あんな発言してしまったのだろう?
何であの時ああ言えなかったのだろう?
何であの時あんなことしてしまったんだろう?

とか過去の失敗や、自分の発言をリピートしてはダメージを受けてしまいます。しかも、いくら考えた所で結果は変わらないのに、何回も同じことを考えてしまいます。

無意味かつ有害だと分かっていてもやめることはできません。このような思考のループに入り込むと、映画や小説やマンガなどのフィクションで現実逃避しようとしても、そのようなコンテンツが頭に入って来なくなります。

周囲の小物、人物などが記憶のトリガーとなって、嫌な思い出が蘇ってしまいます。心理学的には条件反射が成立してしまっているのでしょう。「●●を考えないようにしよう」とすると、逆に●●について考えてしまいます。

考え過ぎを直したいと思って、自己啓発書を読んだりして改善したでしょうか?瞑想はある程度有効だとは思います。

考え過ぎによるダメージを軽減するために有効なのは、僕の経験では「投資」です。アルコールは一時的な現実逃避にしかならないと思います。

FXや株などの投資をしていると、今後の日本経済、あるいはアメリカ経済はどうなるか?この企業の未来はどうなるか?AIが発達した未来に生き残る企業はどこか?とか、色々と考えることになります。

それ以前に、自分が保有している株の価格が気になってチャートをすぐにチェックしてしまう。ということになります。※特に始めたばかりの時はすぐに株価をチェックしてしまいますが、段々無意味だと思ってやらなくなります。

「株は連想ゲーム」とよく言われますが、考えすぎてしまう人こそ連想ゲームが得意だと思います。たとえば、これからインドが発展するとしたら日本の企業で儲かるのはどこか?ということや、人口減少が確定している日本の未来で生き残る企業はどこか?とか、そもそも日本じゃなくてアメリカに投資した方が良いんじゃないか?とか考えることが沢山あります。

人間は違うことを同時に考えることができないと言われていますから、どうせ考えてしまうのであれば投資のように生産的なことを考えた方が良いです。損するかもしれませんが、考えすぎてダメージを受けるよりは良いでしょう。

貯金が100万円あるのであれば、最悪ゼロになっても良い20万円だけ投資するというようにすれば、考え過ぎ地獄から抜け出せると思います。為替がゼロになることはありませんが、株価はゼロ(=上場廃止)があり得ます。儲かる儲からないというよりも、考えすぎの対象を建設的な物にすることができるので、僕はけっこう投資を趣味にするのは良いことだと思ってます。

損することになることもあり得ます(というか、初心者はビギナーズラックの後に大体大損します)し、人によっては値動きが気になりすぎて仕事が手に付かないということになってしまう人もいるので、万人に合う方法ではありません。小額で始めるのが良いでしょう。万人におすすめできませんが、僕は投資をやっていて良かったと思います。お金が増えるということもありますが、他に考えることができたという点で。

MBTIという性格診断テストで何度やってもINFPの判定が出ます。何で性格診断テストみたいなことをやったかというと、投資に関する検索をしてい...
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク