ディビジョンエージェントにおすすめのワシントンD.C.が舞台のドラマ『サバイバー 宿命の大統領』

ディビジョン2の舞台はワシントンDCで、実在する建物がミッションの舞台になっていたりします。ゲームをやっていると、ホワイトハウスから真南がコントロールポイントになっているワシントン記念塔で、ワシントン記念塔から真東に議事堂があることも覚えてしまいます。『地球の歩き方 ワシントンDC』を読んで知ったのですが、ワシントン記念塔には下田の石も埋め込まれているそうです。あと、タイダルベイスンには旧東京市から送られた桜があるとか。

ディビジョン2をやっていて気になったのが、アメリカの連邦議事堂がある場所の地名は「キャピトルヒル」と呼ばれているのに、ディビジョン2では「キャピトルビル」となっていることです。これ日本語訳した人が間違えたんじゃないか?と思って表示言語を英語にしたら、「Capitol Building」になっていました。つまり、国会議事堂=キャピトルビルディングの略でキャピトルビルにしたようです。キャピトルヒルにキャピトルビルがあるという。日本語だとややこしいです。

『サバイバー 宿命の大統領』はNetflixで見ることができる、政治サスペンスドラマです。ディビジョン2で言うキャピトルビルに一般教書演説のため政治家がほぼ全員集まっている所を建物ごと爆破されて1000人近くが死亡。指定生存者として違う場所にいたカークマン(キーファー・サザーランド)が自動的に繰り上がり大統領になってアメリカを再建しつつ、テロの犯人を見つけるという話です。

普通にドラマを見ても面白いですが、ワシントンDCのマップが分かっているとより楽しめるでしょう。大統領執務室(オーバルオフィス)はウェストウイングの1階にあり、すぐ近くにプレスルームがあるのもディビジョン2をやっていると分かりますし。

サバイバーの舞台はワシントンDCのため、ディビジョン2とかぶります。「ルーズベルト島にかかる橋で待ち合わせ」とかのシーンもあるので、ディビジョン2をやっている人はあああの辺だなとか分かるでしょう。

ドラマとは関係ないですが、ディビジョン2の銀行本部(Bank Headquarters)というのは何銀行なのか気になって、Google Mapと比べてみたらWorld Bank(世界銀行)となっていました。ワシントンDCは旅行で行ってみたくなりました。色々とベースの知識があった方が現地に行っても楽しめますからね。

地球の歩き方 B08 ワシントンDC ボルチモア アナポリス フィラデルフィア 2019-2020


地球の歩き方 B08 ワシントンDC ボルチモア アナポリス フィラデルフィア 2019-2020

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク