二俣川の神奈川県運転免許センターで免許更新をする手順とか

二俣川の運転免許センターでの免許更新の手順

即日発行の警察署よりも免許センターで更新した方が良いと思う

身分証明書としてしか使っていない免許証の更新のお知らせが届いていたので、免許の更新に行ってきました。

前回は運転免許証更新の時に即日発行してくれる警察署に行ってきたんですが、警察署にたどりつく手前でタクシーと一般車両の衝突事故に遭遇しました。そういうステルス講習なのかな?とか思いつつ、お金を払うために交通安全協会の窓口に行くんですが、交通安全協会への寄付金も上乗せされてるんです。あれ払わなくてもいいみたいですね。

持ち物は、免許証、更新のお知らせハガキ、現金だけでOKです。印鑑はいりません。※下のマップにも記入しておきましたが、神奈川県運転免許センターの内部に横浜銀行のATMがありました。

運転免許センターの方がシステマティックで流れ作業という感じですし、交通安全協会へのお誘いとかもありません。朝8:30から受付開始だったので、9時すぎに行きましたが既に人が多く、特に視力検査の所で並びました。ちなみに、免許センター内は基本的に「許可の無い撮影は禁止」となっていました。

二俣川駅から神奈川県運転免許センターへの行き方

そんなわけで、今回は二俣川の運転免許センターに行ってきました。相鉄線の二俣川駅の改札を出たら北口に進みます。南口の駅ビル(ジョイナステラス)が綺麗になっていたので最初そっちに行ってしまったのですが、逆でした。

二俣川駅北口の2階がつながっていて「二俣川アルコット」に行けます。二俣川アルコット2階にドン・キホーテやマクドナルドがあり、そのまままっすぐ進むとファミマがあるので、そこを左に行ってすぐ右に入ると赤く舗装された商店街になります。

道が赤く舗装された商店街を歩いていくと、「運転免許センター(近道)←」みたいな案内が個人宅の塀にあります。その辺からは人の流れについていけば大体運転免許センターやがんセンターの方に行きますが、心配であればGoogle Mapを使いましょう。

二俣川運転免許センターの免許更新の手順

前回二俣川の免許センターに行ったのは10年前のはずで、当時の建物はすごく古い国立大学とか市役所みたいな感じでした。今回は建物が新しくなっていて、空港ロビーとか総合病院みたいな感じで綺麗になっていました。下の画像は、記憶を頼りに作った神奈川県運転免許センターの1階のマップなので、間違っている可能性があります。まあ、大体こんな感じです。※⑥は講習と書きましたが、先に写真撮影があります。

神奈川県運転免許センター1階簡易マップ

①免許証を端末に入れる

まず最初に入り口近くで、ラミネート加工された手順書みたいなやつを取ります。そして、入り口正面にある端末に並びます。この端末の並び方がTOHOシネマズ方式(分かりやすく言うと駅の券売機方式)なのです!

タッチパネル式の端末で、分かりづらいわけではないのですが、もたつく人も中にはいます。そういう人の列に並んでしまうと、隣はどんどん列が短くなっているのに、自分の所だけ全く動かないという自体に。スーパーのレジでもよくあるアレです。

一列に並ばせて、並んだ順に空いた端末に行けるようにしてくれよ!と思うんですが、免許センターに毎週行くわけでもなく、数年に一回程度なのでそんなクレーム出す人もいないのでしょう。

それは良いとして、端末にタッチパネルで4桁の暗証番号を入力することになります。以前設定したらしい4桁の数字が既に出ていて、更に4桁の数字を入力するように要求されます。暗記しないと!と暗記してから入力したんですが、端末から「登録カード」という4桁の数字2つが記載された紙が出てきたので、暗記する必要はありませんでした。

※この「登録カード」のバーコードは写真撮影の時に使うので捨てないようにしましょう。

②免許更新の申請書に記入する

免許更新の申請用紙が端末から出てきました。前より進歩していると思ったのですが、裏に名前は自分で書くのです。あと、電話番号を書きます。性別の選択もあった気がします。そして、収入証紙を貼ります。

③収入証紙を購入して貼り付ける

証紙を販売しているカウンターがあるのでそこで収入証紙を購入します。優良ドライバーは3000円でした。切手みたいな証紙を受け取ったら、水に濡らして申請書に貼ります。スポンジに水を含ませた容器があるはずとさまよっていたら、証紙を売っているカウンターの左横にありました。

④視力検査(適正検査)を受ける

視力検査の部屋に入る前に一列に並んで、その後枝分かれするのです。でも、部屋の直前で一人待つことになります。そこで、検査中の人に問題が起こって、延々待つことになりました。隣の部屋の前に並んだ人はどんどん進んでいき、僕だけ10人くらい抜かされました。

申請書を係の人に渡して、視力検査でよくある「C」のどこが開いているかというのを4つくらいやって終わりです。申請書はまた受け取ります。

⑤窓口で免許証と申請書を渡す

免許証を提出します。住所の変更が無いか確認されるくらいでした。

⑥写真撮影&講習とSDカードの案内

写真撮影の時に①の端末から出てきた「登録カード」のバーコードを使用しました。そして、講習の教室番号が書いてある紙をもらったような気がします。

教室に入って講習が始まるまで15分くらい待ちました。教室内での飲み物はOKです。

優良ドライバー講習の場合30分で終わります。20分くらいの事故に関する映像を見て、10分ほど法律の変更点などの話を聞いて終わりです。その場で新しい免許証がもらえます。誕生日の末尾ごとにグループで呼ばれて取りに行って終了です。

運転免許更新の講習前に紹介されるSDカードはお得なのか?

講習前にSDカードというものの案内があります。セーフドライバーカードの略です。年会費670円を払うと、居酒屋とかレンタカーとか引っ越し料金とかの割引が受けられるというものです。SDカードは全くお得感が無く、カードのデザインも欲しいと思うようなものでは無いですし、作りませんでした。

ちなみに、SDカードの表面にいる犬は「SDワンダくん」というイメージキャラクターです。平成30年度の決算報告書によると、手数料収入が約46億円もあります。

2018年の免許返納者数が約40万人で、運転経歴証明書の発行数が約35万件です。運転経歴証明書を1件600円として計算しても2億円程度にしかなりません。となると、SDカードの発行手数料で44億円くらい稼いでいるのでしょうか?

かなり気になって調べたらSDカードの交付枚数が載っている資料を見つけました。年間400万~450万枚程度発行されています。驚愕です。そんなに申請者数いるの?という。SDカードが全く日常会話に出てきたことも無いので。「運転経歴に係る証明書」の発行数も年間400万~450万程度あり、合わせて45億円くらいの収入という。すごいです。まあ、天下り…以下略

帰りは11時頃だったので、二俣川駅のすぐ近くの餃子の王将で餃子定食を食べて帰りました。運転免許センターの中にもカフェ・ド・クリエとデイリーヤマザキ、あとカレーとか豚丼を売っているお店があります。結局、何が分かったかというと、SDカードが天下り…以下略

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク