自営業や個人事業主を英語で何と言う?

フリーランスや個人商店をやっている人が職業欄に「自営業」って書くのが日本では普通ですが、職業を全く説明していないのが不思議でした。

「自営業」だけではなく「会社員」「公務員」も雇用形態を示しているだけで、これって職業って言えるのかなと。借金ができるかどうかの「信用」という点で雇用形態を書くのであれば理解できますが、まあ慣例なのでそれは良いです。

あまり機会はありませんが、英語で自己紹介する時に自営業をどうやって表現するか迷いますよね。自営業って言っても、店舗を構えて経営しているのと、フリーで何かを請け負っているのではまた違います。また、「個人事業主」は「法人」との対比として使われるのであって、日常会話で「個人事業主」ってほとんど言いませんね。

個人事業主に当たる英単語は、「sole proprietor(ソロ・プロプライエター)」が一番近いでしょう。法人化されておらず個人で事業をやっている人という意味です。

英語で自己紹介をする時に漠然と「自営業です」って言う場合には何パターンかあります。「I am」は「I’m」でも良いですが、略さない方がきちんとした感じになります。

I am self-employed.(アイ・アム・セルフエンプロイド)

これが日本語の「自営」に一番近いニュアンスを持っていると思います。self-employedは自分で自分を雇っているという意味ですから、自営業ってことになります。ただ、職種は全く分かりませんよね。

I am a freelancer. 私はフリーランサーです。

これも、何をやっているのか分からないけれど、個人で仕事を請け負っているということになります。

I am a freelance photographer. (アイ・アム・ア・フリーランス・フォトグラファー)

これだと、フリーの写真家です。ということで、より情報が出ていて分かりやすいです。このように、個人で何かに特化した仕事をしている場合には

I am a freelance ●●.

と言うのが無難じゃないかなと思います。●●には、illustrator(イラストレーター)とかweb designer(ウェブデザイナー)とか色々と入れることができます。そしたら、どんな物作ってるの?とか聞かれて話が広がるでしょう。

飲食店をやっているのであれば、

I own a restaurant.
I own a bar.

とかで良いでしょう。

補足:
freelanceとfreelancerの違いを調べましたが、特に違いはないようで、freelancerの方が一般的に使われているっぽいです。ここ数年間で「solopreneur」という単語も使われていますが、日本語で言う「一人会社」に近いと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク