無料版Evernoteの端末制限開始。端末の管理をする方法

Evernoteは無料版でも複数端末で使うことができましたが、これからは3台以上で使う場合には有料版で使う必要があります。以前は有料版を使っていたのですが、そんなにアップロードする容量もないですから、無料版にしました。

それでも5年くらいはお金を払っていたはずです。画像などはdropboxに保存しているので、基本的にエバーノートにアップするのはテキストデータだけです。たとえば、このブログにアップする文章を保存するとか。テキストデータしかアップしないので無料版で十分だろうと。無料版は月間60MBまで使えるみたいですが、月間1MBも使ってませんし。

evernote01

そして、Evernoteから無料版では複数端末使えないというお知らせが来ました。

今後、Evernote ベーシックで利用可能な端末の数を 2 台までに変更させていただくことになりました。例えばパソコン 1 台とスマートフォン 1 台、パソコン 2 台、あるいはスマートフォン 1 台とタブレット 1 台といった具合です。お客様は現在、2 台よりも多い端末で Evernote をお使いいただいております。この仕様変更には 30 日の移行期間を設けさせていただきますので、お手数をおかけいたしますが、ご利用端末数の調整をお願いいたします。なお、Evernote プラスまたは Evernote プレミアムの場合、引き続き端末数の上限なくご利用いただくことができますのでご検討ください。

ウェブ版のエバーノートにログインして、「アカウント設定」→「端末」を確認すると「端末数の上限に達しました」と赤文字で出るようになります。

僕の場合、PCにevernoteのアプリ(ソフト)をダウンロードせずに、ブラウザのみで使っています。わざわざローカルにデータを保存する必要無いと思いますし。macとwindows PCとiphoneのアプリで使っているので、これって3台にカウントされるのかな?と思って、自分のアカウントで端末管理の所でチェックしてました。

evernote02

「アクスを取り消す」というボタンをクリックすると登録されている端末を解除できます。「前回のアクセス」が最近では無いものは、ほぼ使わないということですから削除してしまっても良いでしょう。

ブラウザだけで使う分にはカウントされないみたいです。「なお、Evernote Web(ブラウザ版)は端末としてカウントされません」と書いてありました。ブラウザ単位でカウントされたら、もはやevernoteの意味ないですからね。上の例の様にPCやMacでのブラウザのみの使用の場合、iphoneアプリ「Evernote for iPhone」の1台のみとカウントされます。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク