Google Chromeでradikoが再生できない聞けない場合の対処法

2017年7月27日からgoogle chromeでradikoが聴けなくなった場合
7月27日までradikoが聴けていたのに、急に聞けなくなりました。「再生する」というボタンが押せなくなりました。

クロームのアドレスバーの右端の部分(ブラウザの右上)に、「このプラグインをブロックしましたという」というアイコンがあるので、そこをクリックして「今回はすべてのプラグインを実行」をクリックするとradikoが聴けるようになります。

●以下は過去の投稿
以前はWindows PCで何かをしている時には、radikoでラジオを聴いていたのですが、いつからかradikoが再生されなくなってしまいました。「【重要】ラジコをご利用いただくには、Adobe社のFlashPlayerをインストールし、有効にしてください。」と出てしまいます。

ラジコが再生できないんか面倒なのでそれからはradikoを使わなくなり、HTML5対応のyoutubeを見るようになりました。それで、久しぶりにradikoを聴こうと思って、flashを有効にしました。

Google Chromeがflashを使わせなくなったのは、flashの脆弱性にあると思うので、flashを利用するのは自分が信用したサイトだけにした方が良いと思います。そのため、Chromeの設定からradiko.jpを例外適用します。

Chromeブラウザのアドレスバー兼検索窓に「chrome://settings/content」と入れます。

ChromeのFlash設定
「コンテンツの設定」の下を見ていくと「Flash」の項目があるので、「Flashの実行をサイトに許可する前に確認する(推奨)」になっていることを確認して「例外の管理」をクリックします。そこにラジコのURLの「http://radiko.jp/」を入力します。

Crome設定

そして、Enterを押すか完了ボタンを押します。これで、もう一度radiko.jpを読み込んで再生ボタンを押すとradikoが聴けるようになっています。全てのサイトでFlashを使えるようにする方が楽ですが、セキュリティー的に問題が起こる確率が上がるので、このように「例外の管理」を使った方が良いと思います。

テレビよりも変に編集されず、比較的自由に喋れるラジオのフリートークの方が聴いていて面白いです。音声だけなので、映像を想像する脳の部位が刺激されるというのもあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク