ワードプレスブログを無料で常時SSL化するには?

SSL

ネット上で個人情報を取得して商売をやっているわけではありませんし、個人のブログをSSL化した所で特に意味は無いと思うのですが、Googleの方針が常時SSL優遇ということなので一応やっておきました。僕の弱小ブログのようにアクセス数が少ないサイトであれば、無理してSSL化をしなくても良いかもしれません。そこそこwebの知識が要りますし。まあ、でも一応試しにやってみたということで。今はそれほど影響が無いようですが、将来はSSL化しておかないとアクセス数に影響が出るようです。

個人のサイトやブログはともかく、ネットショップやネット上のサービスで個人情報を入力する画面で、ブラウザに鍵マークが出ていないサイトは信用できません。鍵マークが出たり、URLがhttps://となっているのはSSL化されているということです。個人情報を入力して送信する時に、外部から読み取られる可能性が限りなく低くなります。

大企業のサイト、特にネット通販の大手サイトは100%と言っていいほどSSL化されています。もし大手企業のサイトからメールが来て、誘導されているサイトのURLがhttpsになっていなかったら、フィッシングを疑った方が良いです。

このブログはたまたまエックスサーバーというレンタルサーバー(月額約1000円)を利用していたのですが、無料で独自SSLを使うことができます。SSL化も簡単で、ボタンを何回か押すだけでした。httpの方にアクセスされても、httpsに自動的にリダイレクトされるように、301リダイレクトをします。あとは、「Search Regex」という置換プラグインで、内部リンクと画像のURLをhttpからhttpsに全置換します。

今回やったことまとめ
1. エックスサーバーのサーバーパネルから独自SSL化をする
2. 20分くらい待ってhttpsでサイトが表示されたらワードプレスのプラグイン「Search Regex」でhttpからhttpsへ置換
※外部リンクが多い場合には 「http://ドメイン名」から「https://ドメイン名」に置換した方が安全です。
3. エックスサーバーのサーバーパネルからhtaccessを編集してhttpからhttpsに301リダイレクト

参考:httpからhttpsへの301リダイレクト

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

もしレンタルサーバーをエックスサーバーに引っ越そうと思っているのであれば、引っ越しという面倒な作業も必要になります。ドメインのネームサーバーの変更をし、引越し元と引越し先のサーバー2つにサイトのデータをアップしておき…とか色々と面倒です。ドメインのネームサーバーを変更しても、なかなか安定せずアクセスする時によってサーバーが違ったりします。HTMLサイトの引っ越しだったらまだ簡単なんですが、ワードプレスの引っ越しとなると、更にまた面倒なんですよね。

エックスサーバーは便利なんですけど、共用サーバーなので、同じサーバーを使っている誰かのブログがテレビで取り上げられてアクセスが集中してデータ転送量がオーバーすると、巻き添えを食らってサイトが非表示になるという可能性もあります。他のレンタルサーバーもほとんど共用ですし、まだそんなことは一回もありませんけど。

他のレンタルサーバーだと、独自SSLは有料オプションの場合が多いです。あと、多くの無料ブログもSSL化されている中、はてなブログはSSL化されないようです。そうなると、エックスサーバーにサイトの引っ越しを考える人も多いと思います。これから、SSL化が普通になるとエックスサーバーに人が増えることが予想されますから、そういったリスクも一応考えておいた方が良いかもしれません。これからワードプレスでブログを始めるのであれば、最初からエックスサーバーでSSL化した方が低コストだし楽だと思います。



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク