youtubeのゲーム実況者の新しい収入源: superchatとスポンサー

youtuberと言えば「やってみた」系の動画の人が世間的には有名ですが、僕がよく見ているのはyoutubeの「ゲーム実況」です。ゲームプレイは人によって本当に個性が出るし、ハプニングも色々と起こるので、見ていて飽きません。

でも、最近では特にFPSやホラーゲームなどの残虐表現があるゲームだと広告が表示されなくなるということがあり、ゲーム実況者にとっては収入減になってしまったようです。

youtubeのライブ配信には「superchat」という投げ銭システムがあるんですが、海外のライブ動画なんかを見てると1回50ドルの投げ銭とかがバンバン入って、すごいなと思います。やはり、この点世界的に視聴者を獲得できる「英語」というのは大きいです。

superchatを購入すると、自分のチャットメッセージが目立つように長時間表示されます。そのため、実況者が見てくれる確率が格段に上がります。ファンとしては自分のメッセージを見てもらえたら嬉しいですからね。

日本だとこの手の新しいシステムができて気になるのが税金です。投げ銭であるsuperchatって受け取ったら贈与税が発生するのではないか?と思うのですが、その辺が良く分かりません。youtuberじゃないので気にする必要ないんですけど。

他にも、「スポンサー」システムができて、月額$4.99 USDで実況者のスポンサーになれます。スポンサーのみのライブチャットとか、特典のチャット用のバッジや絵文字などがもらえたりします。ライブ配信のスローモードを回避できるようです。スポンサーシステムは従来の会員制サービスと同じような感じですね。

広告収入のみだと、広告費の削減などで広告収入が減るとその人の活動が減ってしまうということになりますが、superchatやスポンサー制度があれば、ファンがいれば成り立つビジネスとなります。これは、なかなか良さそうです。

ゲーム実況で人気が出るためには、声の良さ、トーク力、動画編集のセンス、ゲームの上手さ、など色々な能力が必要になります。誰でも始めることはできますが、一般人が適当にやって上手くいくような物ではありません。でも、このようなyoutubeのゲーム実況者が収益化できるシステムのお陰でけっこう未来は明るいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク