アメリカ版ネットフリックス netflix usを日本から見る方法

動画配信サービスのネットフリックスは世界各国で運営されていますが、著作権の関係か分かりませんが国によって配信されている映画やテレビ番組のタイトルが全く違います。
たとえば、日本のネットフリックスにはパーソンオブインタレスト、クリミナル・マインド、デクスター、30ROCK、などがありませんが、アメリカのネットフリックスでは(2016年1月現在)見ることができます。特に、パーソンオブインタレストは現在シーズン4まで公開されています。※ネットフリックスでは同じタイトルがずっと見られるわけではなく、時によってあったり無かったりするため注意が必要です。しかも、会員にならないとコンテンツを検索できないところが難点です。なぜかコンテンツ一覧を作ってくれないのです。

逆にビッグバンセオリーは日本版のネットフリックスにはあるけれど、アメリカ版のネットフリックスにはありません。昔はMan vs. Wildなどのディスカバリーチャンネル系のドキュメンタリーが沢山あったのに、現在のアメリカ版からは無くなっています。その代わり日本のhuluにサバイバルゲームという名前でman vs. wildが入っています。

僕が見たいのは、パーソンオブインタレストのシーズン3と4とフィラデルフィアは今日も晴れなので、とりあえず米国版のnetflix usを使っています。日本版ではブラックリストを見終わったので。とりあえず日本版は休止中です。あと、アメリカ版のネットフリックスにはエージェント・オブ・シールドのシーズン1とシーズン2もあるので、見てみようかなと思っています。

アメリカのネットフリックスの別の使い方としては、日本のアニメが日本語音声、英語字幕で見るなんてことができます。たとえば、名探偵コナン、ハンターハンター、鋼の錬金術師、サイコパスなどけっこう沢山あります。アニメによっては英語音声、日本語字幕なんかもできるものがありますから、好きなアニメで英語の勉強をするにはとても良いのではないでしょうか。

アメリカ版ネットフリックスを使うには、VPNサービスが必要です。僕が使っているのはmediahintというgoogle chromeに使えるプラグインで、インストールは無料でできますが、月額4ドルくらいかかります。支払いはペイパルです。インストールはこちらから。昔はhola unblockerを使っていたのですが、途中で使えなくなったのでmediahintにしました。追記:またhola unblockerを使ってみたら、無料で使えました。media hintよりもhola unblockerの方が良いかも。

2016年4月追記:hola unblockerが使えなくなりました。以下のエラーメッセージが出ます。

Whoops, something went wrong…
Proxy Detected
You seem to be using an unblocker or proxy. Please turn off any of these services and try again. For more help, visit netflix.com/proxy

Error Code: M7031-1111

こういったプラグインをオンにすると、アメリカのhuluやnetflixを見ることができるようになります。あと、pandoraという音楽ストリーミングサービスも使えます。media hintはけっこうレビューでの評判が悪いですし、ブラウザのプラグインだと情報が取られそうで怖いという場合には日本のVPNサービスを使ってください。※アメリカやイギリスやオーストラリアなどに住んでいて、日本のhuluやネットフリックスを見たいという場合にも使えます。

アメリカのサービスを使う時の注意点としては、クレジットカードによっては使えないものがけっこうあることです。そういう点でも海外サービスを使う場合には、クレジットカードを複数持っていた方が良いです。ちなみに、日本版のネットフリックスのアカウントを持っているのであれば、アメリカ版を見るには違うメールアドレスでアカウントを作り直す必要があります。

ほぼ全てのドラマや映画で英語字幕が出せるので、完璧にリスニングができなくてもある程度内容は分かるようになっています。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク