楽天モバイルでAQUOS sense2 SH-M08に機種変更した

iPhone6sからAQUOS sense2 SH-M08へ楽天モバイルで機種変更

iPhone6sを3年半ほど使ってますが、1回バッテリー交換をしたものの、もはやバッテリーが半日くらいしか持ちません。iPhoneでは動画も見ず、アプリでゲームもやりません。主にTwitterリアルタイム検索、QRコード決済、株価チェック、情報収集くらいしかしてないのにすぐバッテリーが無くなります。

そろそろスマホ交換しないといけないな~と思ってました。またiPhoneにすると10万円近くします。Appleストアの下取りプログラムキャンペーン中だと2~3万円はお得なんですが、下取り時に古いiPhoneを初期化していないといけません。機種変更時に新旧両方のスマホを持ってないと、ちゃんと移行できるか不安なのでちょっとやだなと。

楽天モバイルの機種変更という項目を見てたら、AQUOS sense2 SH-M08が機種変更で24000円程度でありました。AQUOSシリーズの廉価版らしいのですが、特にスマホでゲームとかやらないし、容量もそんなにいりません。

てっきり、今時のスマホって8万円くらい出さないといけないと思っていました。24000円でスマホが買えるなら、AQUOS sense2 SH-M08と新しいiPad miniを買って8万円くらい使った方が良いのではないでしょうか。

楽天モバイルの機種変更はいつ届く?

楽天モバイルでの機種変更は、メンバーステーションのオプションから申し込みできます。楽天モバイルで機種変更(SIMフリーなので、つまりは「追加注文」)でAQUOS sense2 SH-M08を注文した2日後にヤマトで届きました。

出荷メールが無かったのでいつ届くのか?よく分かりませんでしたが、速かったです。楽天モバイルでの注文時には日時指定できませんが、ヤマトのクロネコメンバーズに登録していれば連絡が来るので日時指定可能です。

AQUOS sense2 SH-M08のレビュー

AQUOS sense2 SH-M08のスペックは以下になります。

Qualcomm Snapdragon 450/ オクタコア1.8GHz
内部メモリ(RAM/ROM) 3GB / 32GB
バッテリー容量 約2,700mAh
本体サイズ 148 x 71 x 8.4 (mm)
画面サイズ5.5インチ
質量 約155g

CPUの詳しいことは分かりませんが、ゲームをやらない人にとってはこれで十分でしょう。実際、普通の証券アプリとかマネーフォワードとかPayPayとかの決済系のアプリを使う分にはサクサク動くし、全く不満はありません。

スマホでフォートナイトとかPUBGとか荒野行動をやるなら、もっとハイスペックな高いスマホ買った方が良いと思います。

ゲームをやらないなら、全然AQUOS sense2 SH-M08で十分です。下に書くように、簡易留守録機能があるので、毎月留守電サービスに300円払う必要も無くなりました。

Android最大のデメリット OSがアップデートできなくなる

Androidスマホの場合、機種が発売されて3年位経つと、もうその機種ではOSアップデートができなくなってしまいます。iOSの場合にはメーカーとOSを作っているのがAppleなのでよほど機種が古くならない限り使えます。でも、Androidの場合、スマホメーカーが独自にAndroid OSをアップデートするため、機種が古くなるとスマホメーカーはOSのアップデートを止めてしまいます。

iPhoneの場合バッテリー交換で5年以上使うことも可能ですが、Androidスマホの場合にはOSがアップデートされなくなり、最新のアプリが使えなくなったりするので、買い換える必要に迫られます。

でも、3万円以内のスマホだったら2年で買い替えで丁度良いでしょう。

iPhone(iOS)からAndroidスマホへの乗り換えで一番面倒臭いのが電話帳の移行

基本的にクラウド上でデータが同期されるサービスばかり使っています。でも、OSが変わると電話帳の移行が面倒くさかったです。

最初、Yahooかんたんバックアップでやってみたのですが、バックアップされたのはGoogleアカウントの「連絡先」に登録してあるものだけでした。いや、そうじゃなくて電話帳をバックアップしたいのです。

次にJSバックアップというバックアップアプリをiPhoneにダウンロードして、バックアップしました。そして、新しいAndroidスマホにも同じアプリを入れて復元。これで電話帳のデータ移行ができました。

iOSからAndroidにすると、アプリの使用でやたら「電話帳へのアクセスを許可」みたいなのが出てくるんですよね。許可しないとアプリ使えないという。

新しいスマホが届いた初日は色々と分からないことが多くて面倒です。マナーモードの設定方法すらよく分からないのですから。でも、大変なのは初日くらいで、後はすぐ慣れました。

アクオスには簡易留守録機能があるので楽天モバイルの留守番電話サービスを解約

不動産関係の業者とかは未だに電話が多いので留守番電話が無いと不便です。まあ、あっても詳細は留守電に残さないんですが。

iPhoneには簡易留守録機能が無いので、楽天モバイルの留守番電話サービス(月額300円)に加入していました。でも、AQUOS sense2 SH-M08には「簡易留守録機能」が付いているので、留守電サービスを解約しました。年間3600円の節約になります。こういう数百円のオプションが積もり積もって生涯で累計数百万円とかになりかねないですからね。

投資をやっていると、年間3600円の配当を得るのにいくら元本が必要か?ということを考えてしまいます。

配当利回りを3%、元本をX円とすると(税金は考えないとする)

0.03 x X = 3600 ですから、X= 120000

12万円の元本を持っていてやっと年間3600円が手に入ります。これを大きいと取るか小さいと取るかは人によりますが。現在楽天モバイルが月額1900円程度なので、それが1600円まで下がるということです。

Google PayでモバイルSuicaが使えて便利

iPhoneで不便だったのが、nanacoやPASMOなど物理的なカードを持ち歩かないといけないことでした。でも、Androidだったら、基本的におさいふケータイが使えるので、Suica、nanaco、楽天Edy、waonなど主要な電子マネーが全て使えます。

モバイルsuicaを設定しようとしたら、なんか年会費が1000円かかるって出たんですが、Google Pay経由でSuicaを登録すると年会費がかからないようなので、Google PayからSuicaを登録しました。

スマホでおさいふケータイ使うの5年ぶりくらいなので、アプリ起動しないといけないのか?カバーしたままだとダメ7日?とかちょっと不安ながら改札を通ってみたらあっさり使えました。カバーしたまま、アプリ起動しないで全然行けるのですね。モバイルsuicaは便利です。でも、バッテリーが切れたら全ての電子マネーが使えなくなるので、一応PASMOのカードはバッグに入れておきます。

Andoroidの方が安くて便利なのではないか?

昔はAndroidは使いづらかったですが、今はそんなに悪くないと思います。iOSの方が直感的に分かりやすく、使いやすいです。でも、それほど差が無くなってきました。アクオスはおさいふケータイ機能、簡易留守録機能とかあって便利ですし。

ただ、前回AQUOSを使っていた時に、スマホが急に壊れておサイフケータイに入れていた電子マネーで面倒なことになったので、スマホにはあまり残高を入れないようにしています。

シャープ AQUOS sense2 SH-M08 ホワイトシルバー5.5インチ SIMフリースマートフォン[メモリ 3GB/ストレージ 32GB/IGZOディスプレイ] SH-M08-S

シャープ AQUOS sense2 SH-M08 ホワイトシルバー5.5インチ SIMフリースマートフォン[メモリ 3GB/ストレージ 32GB/IGZOディスプレイ] SH-M08-S

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク