タップタイタンズ2の序盤の進め方

タップタイタンズ2(Tap Titans 2)の感想

最初に断っておきますが、アプリのTap Titans 2(TT2)というゲーム、やっても何も残りません。時間の無駄です。つまり、暇つぶしとしては良いです。タップするごとに真ん中にいる主人公っぽい人が剣を振り回して敵にダメージを与えます。最初、何が面白いの?と思ってやってたら、ハマってしまいました。現在3500ステージ手前です。

RPGで敵を倒して経験値を得る、お金を得るというのは、効率化したくなります。キャラクターを動かす、ストーリーを理解する、というのを全部取っ払って金策そしてレベル上げ、ダンジョンもしくはタワーの階層踏破というのを極限まで効率化したゲームです。RPGというよりは、育成ゲームに近いです。

30代から40代くらいじゃないと知らないと思いますが、昔ファミコンで『ベストプレープロ野球』という球団運営シミュレーションゲームがあって、そこそこハマった記憶があります。自分は打ったり投げたりせず、選手が勝手に動く中、守備や攻撃の指示コマンドを出したりしていきます。タップタイタンズは自分がタップして剣を振るという要素はあるのですが、実はすぐにタップしなくなります。

Tap Titans 2は言語設定を英語にして、redditを参考にしつつ、英語の教材とするのが良いでしょう。日本語でやったら本当に時間の無駄ですから。

Tap Titans 2の専門用語が多すぎ

まず、日本語訳が変だということもあり、専門用語が分かりにくいです。スプラッシュダメージ、アーティファクトダメージ、とか最初意味が分かりませんでした。redditでも用語に関する質問が多数あります。とりあえず最初に覚えておきたいのは「ソードマスター」が真ん中の剣を持っている主人公っぽいやつ、「ヒーロー」はその周りに増えていくお金で雇う仲間です。てっきり「ヒーロー」が真ん中の剣持ってるやつだと思ってました。

「DPS」は一般的なゲーム用語でがDamage Per Secondの略です。1秒で与えられるダメージ数です。要は、いかにDPSを上げるか?というのが序盤のタップタイタンズ2の肝です。

redditとか読んでも略語だらけで最初ちょっと何言ってるかわからないんですが、たとえば「MS」は「Max Stage」の略で自分が到達した最大のステージです。詳しい略語集は https://www.reddit.com/r/TapTitans2/comments/829142/tt2_acronyms_and_slang_guide/

Tap Titans 2でまずやること

タップタイタンズ2をスタートすると、いきなり戦闘が始まってずっと戦い続けることになります。これどうやったら戦闘から離脱できるの?と分からなかったのですが、基本的には止まりません。アプリを終了しても戦い続けています。1ステージに敵(タイタン)が数体いて、最後がボスになっていて、ボスを撃破すると次のステージに進むという単純なルールです。ステージが進めば進むほどタイタンが固くなり、アップグレードに必要なゴールドや必要DPSがインフレしていきます。

ただ、パワーアップやパークの仕組みがややこしく、理解するのに時間がかかります。とりあえず、ステージ100くらいまでは自由にやってみましょう。僕はステージ100くらいまでは、クランに入らずソードマスターのタップダメージのレベルアップをしてずっとタップし続けてました。だってタイトルが『Tap Titans 2』だから。タップダメージのレベルを上げつつ、ヒーローを雇って、ヒーローのレベル上げを適当にして、フェアリーが落とすダイヤやゴールドをもらうために広告動画を見る、とかなんとなく分かってきます。

クランはとにかく入った方が良いです。クランに入ると、画面左上にクランシップ(cs)が現れて「クランシップダメージ」というのが8秒ごとに加わるようになり、これが超強力なのです。クランシップダメージはヒーローダメージに連動するので、ヒーローダメージを増やすと楽になります。序盤はほとんどクランシップダメージ頼りです。クランメンバーをチェックして、参加自由の日本人クランに入るのが無難です。

ステージ100くらいまでは適当にやっても行けると思いますが、だんだん進むのが遅くなってきて、プレステージ(Prestige)のチュートリアルが出たので、プレステージしてみました。プレステージはソードマスターのレベルを500にするとできるようになります。仲間や所持しているゴールドなどはリセットされますが、進んだステージに応じてレリック(Relics)を獲得し、レリックの獲得数に応じてアーティファクト(Artifact)を発見し、アップグレードすることができます。

アーティファクトにはアーティファクトダメージというものがあり、ベースダメージが上がるようなのでアーティファクトを得れば得るほど楽になります。また、影の書(book of Shadows)というアーティファクトはプレステージした時に得られるレリックの数を増やしてくれるので、早く獲得すると有利です。

つまり、ステージを進める→レリックを集める→プレステージする→アーティファクトをアンロックする

という繰り返しで、どんどんステージを進めていきます。

3周目くらいから全くタップしなくなる

1回目は120くらいでプレステージして、2回めは150ステージくらいでプレステージしました。3周目くらいになるとタップするよりもヒーローの攻撃に任せた方が楽です。DPSは最上位のヒーローが99%程度を占めるため、次のヒーローをアンロックするまではひたすら最上位のヒーローのレベルを上げていきます。ヒーローのアイコンにある青いバーが満タンになるとDPSが2倍とか3倍とかどんどん増えていき、それに伴いクランシップダメージも上がります。

ヒーローダメージはスキルの雄叫び(War Cry)にも反映するので、マナが貯まったら雄叫びのスキルを使うと速くステージを進めることができます。そして、スキルに「協調攻撃(coordinated offensive)」というものがあり、このスキルを取ると一気に楽になります。ランダムなクランメンバーが画面中央部に降りてくるので、白い影?をタップするとクランメンバーが自動攻撃してくれます。このcoordinated offensiveのダメージは、ヒーローダメージに基づいているようです。

つまり、Clan Ship DamageとCoordinated Offensive Damageは、ヒーローダメージを上げることによって高めることができます。だから、アーティファクトも、ヒーローダメージが上がるものを優先しました。

そして、クランシップビルドの場合、ペットはスプラッシュダメージがおすすめです。スプラッシュダメージは、オーバーキルした時にオーバーしたダメージの数%を次の敵にも持ち越せるというものです。プレステージを繰り返して自分の基礎ダメージが上がっていくと、一気に敵を5とか10とか倒せるようになっていきます。つまり、ステージの進行スピードが上がります。

あと、アーティファクトで「portar spawn chance」というものが上がるやつをレベルアップさせると進行スピードが速くなります。ポーターという敵が出てくる確率が上がり、ポーターを倒すと50ステージスキップできるためです。

タップタイタンズの序盤のおすすめスキル

50ステージ毎に1スキルポイントもらえます。僕はヒーローダメージ、クランシップダメージが上がるような、Warloadのものに優先的にスキルポイントを振っていきました。序盤はペットが光った時にタップするとお金がもらえるスキルもおすすめです。特に上で書いたCoordinated Offensiveはおすすめです。

タップタイタンズ2のレイド

クランに入っているとレイドがそのうち始まります。画面左上のアイコンが燃えている状態になっていると、レイドが進行中ということです。ボス的なやつに部位攻撃ができるのですが、最初は意味がよく分かりませんでした。カードをデッキにセットしないと攻撃できないので、とりあえずカードを装備します。そして、ボスの部位をタップするのではなく、グルグル素早くなぞるとダメージを与えやすかったです。たとえば、胴、腕、足を円を描くように素早くグルグルなぞります。文字だとよく分からないと思いますが、とりあえず適当にやってみてください。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク

スポンサーリンク